fc2ブログ
先週の土曜日パソコン机脇の袖机の表面にDIYでリメイクシートを貼った。これが現状である。自作の袖机の表面はコンパネ素地のままの状態なので如何にも武骨である。それと今はインターネット検索で大概のことが調べられるので、紙媒体の辞書類は滅多に使わなくなった。然らば断捨離の対象とするべきと考えた。

1現状斜めから

先ずは机の表面についている汚れをウェスで拭き取る。机のサイズは660ミリ×320ミリである。

2コンパネ面

先ずは、キャン★ドゥで購入したリメイクシートを所定の寸法に切断する。

3材料を伸ばしてくせを取る

このようにプラスチック製の定規とカッターを使用して切断した。

4カット作業

大変有難いことにリメイクシートの裏側には接着剤がついている。

5剥がす

貼る時のコツとしては中央から端部に貼ると気泡が出来難い。少ししわが残るが、時間とともに引っ張られて消えてゆくので、あまり気にする必要はない。

6慎重に貼るしわ伸ばし

仕上がりはこの通りバッチリ😃👌である。ついでに思い切って辞書類(国語辞典、漢和辞典、和英辞典)を断捨離した。これで本を広げるなど広く使えそうだ。

7完了を斜めから見る

横町コメント
数年前から、少しずつパソコン周りの環境を改善しています。その中でも最も大きな変更は応接イスを止めて肘掛けつきの回転イスに替えたことです。この他にサイドテーブルや晩酌用のテーブルにも改造を施しました。今回のDIYにより、更に機能と意匠の両立が推進されたものと受け止めております。

これによってモチベーションが更に揚がりました。同時に執筆活動にも好影響をもたらすものと考えています。但し断捨離した辞書には例外もあります。それは古語辞典です。古語辞典は自分の語彙を増やすのに役立つと考えたからです。最悪漢字は忘れても読みかたを覚えていればよい(インターネットでも調べられる)ということです。

もう一つの自分のアナログへのこだわりはメモノートです。様々な著物を読んで、印象に残ったことをノートに書き留めておくことで、いつか自分の作品に使える時が来ると考えています。語彙を増やすという作業は地道ですが、メモ書きと執筆による実践を何度か繰り返さないとなかなか自分のものにはならないと認識しています。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


8六百七十横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)