fc2ブログ
陽性反応を信じるな!PCR検査は信用してはいけない‼内海聡の【新型コロナ総括】②


リンク動画について
以前も拙ブログに登場した内科医内海聡氏のYOU TUBEスレッドからの引用である。新型コロナ感染拡大に対して関東の4都県(東京・神奈川・千葉・埼玉)で緊急事態宣言が出された。今はこれに引き続き、大阪、京都、兵庫の3府県の宣言が検討されている。本日はコロナ禍の根源となっているPCR検査について述べたい。言うまでもなくPCR検査に引っ掛かれば陽性となり、陽性者イコール感染者とされてしまう。これに政府の感染症2類扱いも相まって、陽性者になっただけで大きな社会的損失を受けることになる。

メディアの力は非常に大きく、政府でさえも耳を貸さないわけにいかない現状というが、そのメディアでPCR検査の重要性を声高らかに訴えてきたのがテレビ朝日社員の玉川徹氏である。玉川氏は京都大学の農学部を卒業し医療の専門家でない。ただのテレビコメンテーターに過ぎないのである。にもかかわらず、その内容を知らない玉川氏がこのようなことを言っている。視聴者の中には、彼の発言に感化されたかたもおられるのではないだろうか?

しかしながら、この発言はPCR検査の本質を知らずして述べた素人的見解と言わざるを得ない。その論拠について、本日は二人の識者の見解を紹介しながら説明したい。

1玉川徹氏

これはPCR検査の概要である。問題点は書いた通りだが、死んだウイルスにも反応するし、使用されるプライマーに統一性がないため、各メーカーのばらつきに対してノーマークという代物(規格すら存在しない物)に過ぎないのである。内海氏はPCRはあくまでも研究段階の検査であって、臨床に用いるのは医学の基本に反しているという。多くの医師や薬剤師、検査士がこのような重要なことを蔑ろにして、決められたことに疑問を持たずに、やっているだけであると述べている。

キーポイントはCTR(新型コロナのウイルス検出については数十回のコピーを繰り返す)の回数がまちまちで、この回数の設定次第で陰性にもなり、陽性にもなるという点である。これは恣意性が入っても阻止できないことを意図するもので、この検査方法の設定が極めてあやふやであり、信頼性に乏しいことを意味する。極論すれば、鼻毛に一かけらのコロナウイルスがついただけで、検査のやりかた一つで陽性者になり得るということである。

2PCR検査の概要

もうおひとかたの学者の見解を紹介したい。YOU TUBEの松田政策研究所チャンネルに出演した大阪市立大学名誉教授 井上正康氏の見解である。

特番『日本コロナの真実とは?コロナ狂騒曲の真相と処方箋』ゲスト:大阪市立大学名誉教授 井上正康


井上氏もCTRの回数が決められていないことを重大な欠陥としている。台湾は30回しかコピーしていないが他の国だとこの回数はもっと増える。このことが陽性者の数に大きく関わってくるのである。

また井上氏はPCR検査の論文の作成や審査に携わる者4名がPCRの試薬を作る企業の社員であることも指摘している。こんなことではとても公正な審議は行われないのではないだろうか?このようなあやふやな検査を採用したWHOの対応もお粗末と言える気がする。

3井上正康氏の趣旨

横町コメント
政府の新型コロナ分科会の構成員(旧専門家会議のメンバーも多数おられます)がこのことを知らないとは、とても考えられないことです。恐らく自らの立場が邪魔をして、見て見ぬ振りをしていると私は解釈しています。

繰り返しますが、PCR検査で陽性者になると、感染者にされ、治癒してもずっと追いかけ続け、別な疾患で亡くなってもコロナで死んだとカウントされてしまうのです。我々は実際の感染者数、死者数、重症者数よりも水増しされた数に接していることになります。また冬場はどうしても高齢者の心疾患が増えるので、死者数や重症者数の数値が跳ね上がるのは当然と解釈しています。

これには新型コロナが2類感染症として指定されていることが大きく関わっています。これをインフルエンザ並みの5類に変えれば、だいぶ情勢が変わってくるのですが…

今はWHOと政府が結託している為に、多くの識者が権力で押さえ込まれている気が致します。反論を唱えれば異端者扱いされ、仮に真実を述べても大きな滝に向かって小さな石を投じているようになってしまう。これが実情と受け止めております。石を投げるほうと投げられるほう。果たしてどちらがまともなのでしょう?

私はそんな中にあってYOU TUBEの松田政策研究所チャンネルに着目しています。それは「アンチコロナ脳」に対する真摯な取り組みです。チャンネルには集団免疫確立を唱えた京都大学大学院の上久保教授の他に、複数の識者を登場させ、現在の政府の方向性に疑問を投げかけています。

私もこれらの見解を知るまで、PCR検査がこれほど信用に値しないものだとは思いませんでした。皆さんはどう思われますか?忌憚のないご意見をお聞かせ頂ければ幸いと存じます。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


4七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)