fc2ブログ
 エルガー作曲  行進曲「威風堂々」第一番 
リンク曲について
今日から新年度である。セカンドライフに入って現役時代のわだかまりも消えつつある今、何に懸念することがあるだろうか?然らば反芻は無用だし、ネガティブな過去と決別することで得られるものは大きい。その様は断捨離と酷似している。断捨離はけしてモノを少なくするというだけの意味ではない。新しく入ってくるものを受け入れる為の準備でもある。これに気付いた時、私は溜飲が下がる思いがした。どんな人間も完璧ではない。例え聖人と言われた人物でさえ…

然らば、多少のことは許容しないと世間は渡れないのである。こういう考えは現役時代にわかってはいても、なかなか実行に移せないものだった。だが、今は違う。それは戦いに明け暮れた現役時代に培った自分の揺るがぬ哲学だからである。エルガーの行進曲「威風堂々」第一番はそんな矜持を自分にもたらす音楽である。もちろん明日からの自分も何に臆することなく堂々と振舞いたい。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
昨日の3月31日(土)息子とショートコースゴルフを愉しんだ。この日の仙台の最高気温は17度と4月下旬並みの陽気であった。二番ホールでの私。芝生の色がだいぶ色づいてきているのがおわかりと思う。

七番ホールでの息子。先日本コースで100切りを果たした息子だが、パターとアプローチの調子がイマイチのようだった。


この後、以前から気になるラーメン店に行った。おり久である。本店の折立店(仙台市郊外の西部)はいつも満員で並ばないと食べられないほどだった。この店は支店のようだが、並ぶほどではない。但し、駐車場がないので有料Pに車を止めることにした。

私と息子が頼んだのは赤ミソラーメン¥800である。ボリューム、味とも満足の行くものでリピート大いにありという印象だった。


おり久木町通店の位置を地図で確認して頂きたい。

スコアを公表する。今回は私に勝利の女神
が微笑んだ。久しぶりの勝利

であった。

ミック挨拶
本日からいよいよ新年度となりました。巷にはフレッシュマンも溢れます。自分の駆け出し時代を振り返れば、三十数年前の初出勤は心臓が飛び出るのではないかと思うほど緊張したものです。どうしても自分が社会人になるという実感が湧かなかった。今思うと赤面したくなることですが、それだけ往時の自分は世間知らずの青二才だったと感じています。人間は実践を積むことで多くのことを学び、進歩するわけですが、その為に目の前のことから逃げてはなりません。

もし自分がフレッシュマン諸君に訓示を求められたなら、そういう趣旨のことを述べたい所存です。改めて、述べますと、定年間際の自分はファイター(ボクシング用語:敵のパンチを恐れずに常に前に出て相打ちを厭わぬスタイル)に徹していた。これが精神病を患っても無事に定年退職を迎えられた大きな理由と踏んでおります。こうした生き方はもちろん万人に当てはまるものではございません。但し精神病に罹ったからと言って諦めることはない。二枚腰、三枚腰体勢で背水の陣を敷けば必ず活路は拓ける。そういう境遇のかたには、そう考えて困難を乗り切ってもらいたいと思います。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)