fc2ブログ
VIVALDI - LUTE / GUITAR CONCERTO IN D MAJOR - ORGAN SOLO ARR. JONATHAN SCOTT


リンク曲について
今宵は週の中休みのささやかな前夜祭である。アントニオ・ヴィヴァルディ(1678~1741)作曲、ジョナサン・スコット演奏のチャーチオルガンの調べに酔いながら、週の前半を振り返っている。ちょっとしたいざこざはあったものの、至って冷静であり、けして自分を失うことはない。それは常日頃から自己を客観する習慣がついているからである。

ここまでなら主張していいが、これ以上は引き時。以前はそれを見極めるのに四苦八苦していた自分だが、今は「和して同ぜず」(相手との協調は図るものの、自らの主体性は失わない)の志向を貫いて職務に当たっている。これは現役時代に人間関係で悩みに悩んだことで経験値が増したせいもある。物事を推し進めるに当たっては相手の出方を窺いながら、出過ぎて自滅しないように慎重に事を進める。

交渉事は駆け引きに相違ないが、切り札はいざという時まで、持っていなければならない。ここぞと思った時に切り札を使うわけだが、切り札に何をもってくればいいのか?そして出す時期はいつ頃が最善なのか?について思慮を巡らす。

長い経験を経てこのようなことがすっかり身についてきたのである。これは剣術にも共通することである。自分は中段の構えをモットーにしている。なぜならもっとも自然に攻防に移れるからである。高飛車に出て大上段に構えれば相手に胴を取られる恐れがあるし、かと言って遠慮気味に下段に構えれば、先制攻撃に遭遇し易くなるからである。

孫子の兵法に戦わずして勝つというものがあるが、これを目指して叶わねば、後は中段に構えて驕り高ぶることなく相手の出方を見ればいい。後は自分を信ずるのみである。今宵はそんな取り留めのないことを考えながら、ヴィヴァルディの名曲に酔っている。

1ジョナサンスコット

さて、昨日から私は朝カフェのメイン店をサンマルクカフェ仙台一番町店からカフェ・ヴェローチェ仙台一番町店に変える決断をした。

2角部分

理由はサンマルクカフェが値上げした為である。これまではアメリカンのSサイズが¥220だったのが¥300になった。自分としては大変気に入っていた店であったが、値上げ幅が大きいと感じて隣のカフェ・ヴェローチェという選択に及んだ。もし価格が¥250だったら恐らく変えることはなかったことだろう。

3サンマルクメニュー

本日は一階の席に座ってみた。眺望では二階に及ばないものの、けして雰囲気は悪くない。時折歩行者が通るが、読書に集中しているせいか視線は気にならない。ちなみにカフェ・ヴェローチェのアメリカンコーヒーのSサイズは税込み¥231である。

4一階からの眺め

西側からのビューである。左側が一番町の通りである。

5肴町通より

肴町通りからのアングル。本日の席は右から4番目の場所だった。

6肴町遠望

1メートル以下の部分のガラスにはこのようなスモークフィルムが貼ってある。今読んでいるのは中国の古典を引き合いにしたエッセイ集『恢恢録』(守屋洋著)である。内容は実践哲学であり、まさにサラリーマン啓発書と呼ぶに相応しい。これを読んで出社すれば心が高ぶることもなく平常心で居られる。これだけで朝カフェ通いのアドバンテージを実感する気がする。

7一階机上

横町コメント
自分にやましいことがなければ、何も憂いることはない。但し自分に自信が持てなければ身の振り方に悩むことでしょう。そんな時にこそ中国古典を読めば、自分の姿が鏡のように映し出されることでしょう。古今東西変わらぬことは先ずは人心を捉えることです。人心を捉えるには仁義礼智信の五常が欠かせませんが、その理を教えてくれるのが儒教思想です。

中国古典を総括的に言えば儒教思想となりますが、儒教は今でも我々の日本人の体内に脈々と根付いているのをはっきりと自覚します。現代社会は多種多様ですが、我が国おいては儒教思想が身についていれば周囲との軋轢も生じ難くなることでしょう。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


8六百七十横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)