fc2ブログ
 Dave Brubeck - Take Five ( Original Video) 
リンク曲について
久しぶりにDave BrubeckのTake Fiveの登場である。但し、このリンクは3,800万回ヒットしたプロモーションビデオではない。あくまで次点の曲である。「何故次点をリンクさせたのか?」と聞かれれば、メンバーのいでたちと生演奏を読者様にお見せしたかったからである。JAZZはやはりクールに演奏されなければならない。

一見サラリーマンと見間違えるばかりの彼らのオーソドックスな服装や髪型にその極意を見出すのである。奇を衒えば却って人心が離れることがある。恥ずかしながら駆け出し時代の自分にはその理がわからなかった。このリンク曲を聴いていると改めて、その極意がわかるのである。

一方で「内容が伴えば外見などはどうでもいい」という考えもある。わからないこともないが、これもどうかと思う。よれよれのコートを着た刑事コロンボは、剃刀のような鋭い叡智を持った人物だった。但し、コロンボは創作家の造り出した虚像に過ぎない。

やはり、人の目に触れる以上、社会人として最低限度の身だしなみは欠かせない。自分も文学や歴史をやっていると外見に無頓着になる。Dave Brubeckの折り目正しい恰好を見ると、やはりこれではいけないと思うのである。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
これは、本日18時前の仙台市街地のワンシーンである。この時間になってもまだ明るい。そして何よりも暖かい。それだけで少し寄り道してもいいという気になってくるのである。

ミック挨拶
春彼岸を過ぎ、日増しに春の気配が強くなってきた我が仙台です。これから若葉の季節にかけて、己のモチベーションも放物線状に高まって行くことでしょう。但しそれは厳しい冬があったからに他ならない。一年を通してフラットな気候だったら、このような感動は得られないと察しております。間もなく春宵一刻価千金の季節となります。然らばアフター5も選択肢が増します。確かに昨年は入社したばかりで、アフター5を愉しむことまで至らなかったわけですが、半年経過した今は違います。もちろん人脈も広がって参りました。然らばアフター5を有効に使い、充実したセカンドライフを謳歌したと思います。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)