fc2ブログ
 Ringo Starr & His All-Starr Band - Kyrie Eleison 


【コラム】
年度末と言って思い浮かぶのは人事異動である。現役時代の自分はこれにどんなに振り回されたのか計り知れないものがある。転勤によって嫌な上司が来たらどうしよう?遠隔地に転勤になったら辛い…今思い起こせば、それだけ自分の心が弱かったということだろう。自分さえしっかりしていれば、どんな上司が来ても慌てふためくこともないし、どこに転勤になってもオールマイティに振舞えば問題がないのである。

そういう自分は今から数年前まだ、ハラハラドキドキしながら毎年三月という月を向えていたのである。今思えばつまらないことで悩んでいた気がするが、それでもこれは老子の言葉を借りれば「無用の用」なのかも知れない。儒教を学んだ今となっては人事異動などは全く気にならなくなったが、もっと早くこれに気づけば自分もまた違った人生を歩んでいたのかも知れない。

本日はそんな取り留めのないことを脳裏に浮かべながら、Ringo Starr共演、Mr. MisterのKyrieを聞いている。合わせる酒はもちろんウイスキーのオンザロックである。

1MrMister

二連休の最終日となった本日、私は若林区図書館に向かった。メディアテーク(青葉区図書館)が休館のためである。若林区図書館はセカンドライフを間もなく向えようとしていた自分が、数年前によく立ち寄っていた場所である。

2若林区図書館

本を借りた私が向かったのは道路を隔てた向かい側にある若林区役所である。

3若林区役所

私は区役所の敷地を通り抜けて北に向かった。この桜並木も間もなく花が咲くことだろう。今年の仙台の開花予想は3月末である。

4桜並木

更に北に進んで陸奥国分寺薬師堂に着いた。懐かしい…ここも数年前の自分がよく足を運んでいたスポットである。

5薬師堂金堂跡

広場では春休みに入った小学生が元気に遊んでいた。やはり子供はこうでなければいけない。少年時代の頃を思い起こした私は「少年老い易く学成り難し」の言葉を思い浮かべた。

6元気な小学生たち

横町コメント
昨日と今日は平凡な日々でしたが、年度末の平穏を味わえた二日間でした。間もなく新年度を向えますが、心身をリフレッシュしてこれに備えたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


7六百七十横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)