fc2ブログ
本日は仙台市宮城野区鶴ケ谷のショッピングモール「abAin」(アバイン)を紹介したい。商店街があるセクションは平成9年3月に竣工した3階建ての建物の1階部分である。尚2階と3階部分は駐車場になっている。画像のアングルは中庭側からの撮影である。

1アバイン建物

アバインのすぐ隣に生鮮いちば(青物、魚屋)、向かい側のグレーの建物にはツルハドラッグ(1階)とリーズナブルな衣料を扱うファミーナ(2階)がテナントとして入っている。更にその向こうの建物(ブラインドになって見えない)には、生協と百均のセリアが入っている。

2ファミーナ、生鮮市場広場

Google3D立体画像でアバインの位置を確認して頂きたい。住宅地のど真ん中である。

3Google3D立体画像

テナントを紹介したい。床屋、百均ショップ、時計店

4百均・時計・床屋

青物店、花屋、餅屋

5食料品、花屋

美容室、パン屋、ブティック

6美容室パン屋ブティック

洋食、そば、うどん店。ペル・エビアン(洋食店)ではコーヒーを飲むことも可能である。

8三つの飲食店

配置図をご覧頂きたい。床屋や学習塾も入っている。

9見取り図

横町利郎
アバインはイオンと比べると見劣りするのは否めませんが、平成初期から庶民の店としての存在を強く感じます。店のかたからは通っただけで「如何ですか?」などと声掛けを頂き、昔ながらの人情味のある商いぶりを感じます。

人情商店街とも言えるアバインはいずれ大型店進出による大きな流れに晒されてしまうかも知れませんが、まだまだ頑張って欲しいと考えております。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


10六百七十横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)