fc2ブログ
  Thad Jones / April in Paris 1956  


【コラム】
この曲を直訳すれば「1956年の4月 パリにて」とでもなるのだろう。「パリの4月」という別な曲もあるが、自分としては、リンクしたJAZZに明らかなアドバンテージを感じたゆえ、選曲に至った次第である。

北半球で温帯とされる地域の4月は春酣であり、これから向かえようとしている初夏とともに、多くの人々に愛される季節である。芸術と文化の都であるフランスのパリは、それだけでも羨望を感じる都市だが、4月ともなれば、パリへの憧れも倍増するに違いない。

自分のパリに対する憧れと一年中で最も良い季節到来を愛で、今宵はこのJAZZをリンクした次第である。パリと言って思い当たるのは仙台の定禅寺通である。その理由については後述したい。

1サド・ジョーンズ

今年も胸躍る季節がやってきた。朝の光を浴びて定禅寺通のビルディングが眩しい。歌人の河野愛子(1922~1989)は栃木県宇都宮市出身で広島育ちだったが、仙台を愛した歌人だった。彼女はシャイなところもあったが茶目っ気もあり、洋装の似合う麗人という雰囲気の女性であったという。

若い頃は結核で死の縁を彷徨いながら、1943年には陸大生と結婚し、1946年に復員した夫と千葉市に住んだ。同年にアララギ(短歌結社誌)に入会し、多くの短歌を残している。彼女は何度か仙台も訪れ、定宿にしたのが定禅寺通りに面するホテルであったという。年代から言って1960年代後半~80年代の頃と思われる。

愛子はお気に入りのホテルの前の定禅寺通りを「パリの雰囲気に似ていていいところねえ」と語っていたという。今の定禅寺通に往時の面影がどれだけ残っているのだろう。私はそんなことを考えながら本日の出勤時に街路樹の欅並木を眺めた。

2定禅寺の街路樹

通勤時の気温は日によって差はあるが、既に手袋は要らなくなった。昨日は小雨の降る中の出勤となったが、本日は打って変わって清々しい天気になった。二十四節気の清明はまさに読んで字のごとく、私の心を明るく弾ませてくれる。知らず知らずのうちに、街路樹の欅の木には既に若葉が繁っていたが、これは新鮮な驚きであった。

3上空

一番町に入った。一番町には様々な種類の街路樹が植えられ、街に彩を添えている。

4一番町

広瀬通を通過して、ブランド~ム一番町全天候型アーケード)に入った。ここにも街路樹が植えられている。ここは全天候型アーケードで一年を通じて雨が降らないので、恐らく人工的に水を供給しているのだろう。

5全天候アーケード内

時刻は午前7時ちょうどである。行きつけのカフェであるカフェ・ベローチェ仙台一番町店には一番乗りで到着した。

6ベローチェ外観

私はお気に入りの席につき、読書と執筆に勤しんだ。一番町と旧肴町の延長(古い地図を見ると、昔の肴町は現在のように一直線状に通っていなかった)の角地に位置していることもあって、店全体が明るいのがこのカフェの特徴である。

7いつもの席

横町コメント
いつも定禅寺通を通って出勤していますが、間もなく若葉の季節ゆえ、出勤時に欅並木を眺めるのがとても楽しみです。街路樹の樹種は様々ですが、自分としては何と言っても落葉樹が一番です。当面は歌人河野愛子がパリに似ていると言った定禅寺通の欅並木の移り変わりを堪能したいと考えております。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


8六百六十六横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)