fc2ブログ
 ベートーヴェン ピアノソナタ第14番「月光」ナレーション窪田等 


【コラム】
先日は在りし日の名ナレーター城達也氏のことをブログに書いたが、本日取り上げる人物も名ナレーターとの誉れが高いかたである。彼の名は窪田等氏(1951年生まれ)である。簡単にプロフィールを紹介したい。窪田氏は毎週日曜日夜11時に放送している「情熱大陸」(MBS/TBS系列)のナレーターを担当している。彼の語り口は故城達也氏と似ているとも言われる。

同じ文言をしゃべっても、ナレーター次第でその印象は大きく変わってくる。彼の語り口を聞いていると、恰も自分がそのストーリーの主人公にでもなったかのような錯誤を抱くが、これには彼の話術がそうさせていると解釈している。

動画の後半には漆黒の海とともに、今の季節を彷彿とさせる朧な月が登場するが、彼のトークと相まって、格調高いベートーベンの曲が一層生きてくるのである。「失ったものはいつまでも美しい」、「失ったものはすべて心の中に生きている」というフレーズを聞いて、失ったものとは愛用していたアイテムのみでなく、顔馴染みの故人を思い浮かべるかたも多いことだろう。

「人生は無数の郷愁が醸し出す道のり」とはよくぞ言ったものだが、ここでも彼の格調高いナレーションが際立ってくるのである。

1窪田等

ナレーターという職業は難しい。それは情感を込めないと視聴者に主観に乏しい印象を与えるからである。どんな名セリフも棒読みをすれば他人事のように聞こえてしまうわけだが、このような語り口が出来るには、教養や才能もさることながら血のにじむような修練を積む必要がある。それだけに彼のナレーションには注目しているのである。

2夜空

横町コメント
本日は久々にYOU TUBEから掲載したブログネタでした。分野に捉われることなく、ブログネタを様々な情報媒体から吸い上げるのは自分の目指すところです。自分のモチベーションを揚げてくれたのが、窪田氏の話しぶりでした。同じことを言っても話し手の態度や声のトーン次第で、聞き手はまったく別の印象を受ける。

これはよく思い当たることですが、それを人付き合いに活かすことで信頼が形成され、「徳」というアドバンテージに発展する。窪田等氏のトークを聞いているとその理をよく理解できる気が致します。

自分としては安全管理(社員教育を含む)という仕事柄、人前で話すことが多いので、少しでも彼の域に近づけるよう努めて参りたい所存です。ところで、動画の前半に登場する「万年筆に情が移る話」は自分にも思い当たる節があります。それだけにシンパシーを重ねてしまいます。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


3六百六十六横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)