FC2ブログ
先日木製のタオル置きをDIYで作ったが、濡れたタオルを置いたことを考え、すのこにニスを塗ることにした。写真は塗装前昨日撮影したものである。塗装をする前はこんな感じである。

1塗装前

使用したのは百均のダイソーで購入した水性ニスである。

2容器

成分は合成樹脂塗料となっている。水溶性なので非常に扱いやすい。

3成分

先ずは容器に移して水を少しだけ加えた。一見すると牛乳のような白さである。

4塗料の色

塗ったばかりだと白いと色がやたらと目立つ。乾燥したらどうなるのか?

5塗装中だ

今の気候だと二時間ほどで乾くが、乾燥を終えるとこのようになる。色合いとしては白木の部分がやや濃くなった感じで、表面に触ると被膜が出来たような印象である。

6仕上がり

横町コメント
塗ったのかどうかがわかり難いのが水性ニスの特徴です。但し確実に塗膜の表面が出来たので、水に濡れても沁みこまないようです。色付きのペンキとは異なり、木目の味を活かしたまま、衛生的な印象を演出できるのもメリットと受け止めております。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


7六百六十六横町
関連記事

コメント

ニス

子供の頃は、学校の工作をしたときの仕上げにニスを使ったことを覚えています。
いまも現役で活躍しているのですね。
しかも100均で販売されているのですから、相当に汎用性もあるのでしょう。
また2時間ほどで乾燥するというのも意外でした。
昔はニスを塗ったら、かなり長い時間は触れることができなかったはずです。
DIYとは縁のない私には的はずれな感想しか湧いてこず、はなはだ失礼をいたしました。

こんばんは~♬

ニスを塗れば、水気にも丈夫で、汚れも付きにくいのでしょうね。
わたしも塗りたいものがあるのですが・・
作品展が終わってからですね~
参考にさせていただきます。

URL | 布遊 ID:-

こんばんは

木の風合いを残すのに水性ニスは便利
ですね。
施工時間も短縮できるすぐれものと
認識しています。

URL | ichan ID:-

作った物を、気付いた点があれば、こまめに対応されるのが、貴兄らしいですね…。
こうすれば、物はドンドン良くなってゆくわけで、ますます愛着が湧くというものですね…。

URL | boubou ID:-

声なき声さん、ありがとうございます。

ニスという塗料は塗ったのかどうかがわかり難いだけに地味な印象ですが、木部に被膜を作って水分の浸透を防いでくれるものと考えています。今回の用途(濡れたタオルを置くこともあり得る)を考えれば塗装は必須と考え実践に移しました。

結果には満足しています。お陰様で、本日もお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。ニスはほぼ透明ですが、クリアラッカー(艶ありと艶なしの双方あり)とは異なります。このあたりは仕上がりをイメージされて選択されたほうがいいのではと察しております。

ペンキと比べるとむらになり難いので難易度が低く、それでいて防湿効果が見込まれる点を評価しています。今回も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。ニスを久しぶりに塗りましたが結構早く乾燥したようです。二度塗りしましたが、三度塗りもありだったかなと振り返っています。

おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

貴兄のおおせの通りです。ブロ友様から濡れたタオルも置くのですか?との質問があり、塗装の必要性を感じ、実行した次第です。ニスを選んだ理由は既に所持していたこともありますが、塗って正解だったと考えております。

ご配慮により、今回もお励ましを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

連休に作成したタオル置きに今度はニスを塗る作業
ツヤ感が出て木目が美しくタオルを置いてもおしゃれな感じです。

我が家でも以前小テーブルにニスを塗ることがあって
紙やすりでこすらされた記憶があります。

DIYは創意工夫で見違えるようになるのは
うれしいものですね。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

ニス塗装は一般的なペンキ異なって地味な印象ですが、着実な効果(撥水性と汚れが付きにくい)があるので着目しています。実はこのダイソーのニスは金属にも濡れるようで、汎用性を高く評価しています。

ボタンとリボン様、お気づきでしょうか?実は新カテゴリーとして「恐るべき百均商品」をカテゴリーに加えさせて頂きました。読者様が望む情報と考えた所以です。

ご配慮により、本日も有意義な話題を提起して頂きました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)