fc2ブログ
これは本日の朝の出勤時における青葉区一番町の写真である。(AM7時前に撮影)左側の11階建てのビルに注目。YOU TUBEの妄想MAPでも取り上げていた「変なホテル」(固有名詞)である。この’変なホテル’はグループとなっていて、既に多くの’変なホテル’が各地に展開されている。

1遠景

東北では仙台が初となるが、オープンは今年の9月となっている。既に外部足場が解体され、一番町や広瀬通からは外壁を見ることができる状態である。変なホテルと言っても外観を見る限りでは特段変わったものは感じられない。それどころか一番町の他の建物の景観によくマッチしているという印象である。

2変なホテル

変なホテル一番町側の間口はさほどなく、縦に細長いという印象のある外観である。

3十一階建て

変なホテルのホームページから引用させて頂いた写真である。全て無人で宿泊客との応対はロボットがするということである。ロボットがどんな応対をするのか興味深い気がする。例えホテルスタッフとは言え、プライバシーを他人に干渉されたくないという宿泊客には受けるのかも知れない。これは新感覚と言えるがこれからはこんなホテルが増えるのではないだろうか?

4フロント

広瀬通側から見るとこんな感じである。右側の角のビルの隣が変なホテルである。

5角地

立夏を迎え、広瀬通の街路樹もすっかり若草色に色づいてきたようだ。変なホテルが開業した暁には宿泊客が、広瀬通の銀杏並木に目を奪われるのではないだろうか?

6広瀬通の銀杏並木

横町コメント
福島県のほうが南にありますが、宮城県仙台市(政令指定都市)は東北の玄関口とも言われます。従って東北初と言われる商業施設、サービス施設の多くが、仙台に建てられます。カテゴリーは異なりますが、つい最近ではジャパンミート(大型スーパー)東北進出の時もそうでした。

変なホテルグループとしてはコロナ明けのことも、もくろんでいるのでしょう。東北に初めて進出した変なホテルが、是非仙台の街に異彩を放つことを願っています。同時に新型コロナに対して慎重論ばかりを唱えている仙台市長宮城県知事には、勇気をもって経済のアクセルを開けるよう切望したい所存です。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


7六百六十六横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)