fc2ブログ
本日は私が敬愛して止まない宮城県の郷土史家・紫桃正隆氏のことを紹介し、彼の遺した功績を改めて、振り返ってみたい。なぜ私が彼の著物に惹かれたかを明かせば、自分の祖が伊達氏と葛西氏(岩手県南部~宮城県北部を支配した戦国大名ながら秀吉の奥州仕置きで滅亡)に深く関わったと思われるからである。

紫桃氏の遺作は40にも及ぶが、特に葛西氏を研究した実績が高く評価されている。しかも彼は教師と郷土史家(作家)という二束の草鞋を履きながらの執筆であった。彼の実績を真に評価するならば「好きこそものの上手なれ」という言葉ではあまりにも軽すぎる。その苦労と尽力は尋常でないものがあったと察せられるのである。

紫桃正隆氏(1921~2008)


宮城県石巻市((旧桃生郡河北町)生まれ 作家 史家。

受 賞  宮城県教育文化功労賞(平成6年度)
第45回河北文化賞(平成7年度)
著 書 「仙台領内古城・館」、「戦国大名葛西氏家臣団事典」、「仙台領の戦国史」、「みやぎの戦国時代・合戦と群雄」「政宗をめぐる十人の女」、「五月闇」など約40


以下wikipedia「仙台領内古城・館」より引用
『仙台領内古城・館』(せんだいりょうないこじょう・やかた)は、仙台藩領内の城館に関し、紫桃正隆が1972年から1974年にかけて著した研究書である。古代から近世まで知られる限りの城・館1350を実地調査に基づいて紹介し、考察を加えた。全4巻。

第1巻 岩手県南部、1972年
第2巻 宮城県東北部、1973年
第3巻 宮城県西部及び中央部、1973年
第4巻 宮城県南部、1974年

宮城県石巻市在住の高等学校の教員だった紫桃は、郷土史家として主に葛西氏の歴史についての著作で知られていた。彼が10年近くの歳月をかけ、休暇中に実施した現地調査の成果をまとめたのが本書である。多くは現地の郷土史家の案内・同行を仰いだという。

『仙台領内古城・館』は、全4巻を地域別に分け、地域内の城・館について一つあたり数ページずつ割いて解説する。ほとんどの城館に手書きの略地図を掲げ、必要な場合には地形図内での位置も示し、白黒の写真を多く収録した。現地調査にもとづいて規模・構造を推定し、古文献の記述にもとづく考察や、調査時に現地で知った伝承もあわせ記す。

仙台藩領、つまり宮城県と岩手県南部には、古代の多賀城、近世の仙台城を代表に著名な城が多いが、数的に多いのは中世に作られた比較的小さな城・館である。しかし、史料・研究・調査の密度からいうと、古代の城柵、近世の城・要害の充実と比べ、中世城館はまったく手薄であった。それゆえ、本書の不朽の業績は、急速な開発が進む1970年前後に成し遂げられた中世城館の悉皆調査にある。

江戸時代の仙台藩は、領内の村役人にその村の廃城について知ることを提出させ、それをまとめて『仙台領古城書上』を編纂した。旧仙台領の中世城館に関する必須文献だか、記述が簡略である。『仙台領内古城・館』は、範囲・数・内容のすべてにおいて古城書上を凌駕し、21世紀初めまで匹敵するものがない大著である。市町村の自治体史を集めて束にすればその収録範囲は本書に匹敵するはずだが、こと中世城館については本書を越えない所が多い。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ミック考察
ここで着目したいのは彼は石巻市で高校教師をしながら、休日を返上して取材にあたったということです。特に、現地の郷土史家の案内・同行を仰いだり、手書きの略地図を掲げた点は特筆に価するものと捉えています。

私はセカンドライフで、郷土宮城県の歴史ものを手掛けたいという大きな夢を持っていますが、それには先ず知識を蓄えねばなりません。時には現地への取材にも行かねばならない。そのような私に大きな追い風をもたらすのが紫桃氏の多くの著物です。

今、私は会社に出勤する前に出入りのカフェで「仙台領の戦国史」を読んでいます。

大変読み応えのある本です。私は本著の読破が自分の執筆への鍵を握っているとさえ感じています。但し、内容については大変奥深いものがありますので、後日触れたいと思っております。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)