fc2ブログ
本日の昼頃、所用があって市役所界隈を通った。この辺りは官庁街になっている。左が宮城県庁、右が合同庁舎B棟である。合同庁舎B棟の屋上にはヘリコプターが発着できるようになっている。手前は仙台市役所の植え込みになっている。宮城県はまだ梅雨入り前ということもあって癒されるシーンである。

1庁舎と梨

南側を見れば黒ビル(第一生命ビル)が建っている。建築年が1970年ということで、50年以上経過しているかなり古いビルである。右側の白っぽいビルは地元企業のカメイ(商社)が入っているカメイ勾当台ビルである。仙台市役所の植え込みのツツジが鮮やかな色彩を放って、人々の心を和ませてくれる。

2ツツジとビル

間もなく建て替えされる仙台市役所庁舎(1965年築)は設計事務所の入札が終わり、間もなく建て替えられる流れとなっている。一方で今年は市長選挙も行われる。現職の市長である郡和子氏(アナウンサー出身)が立候補するようだが、よほどのことがない限り次期市長に再選されることだろう。新庁舎の落成は令和10年頃とのことである。

3噴水

コロナ禍にも関わらず、勾当台市民広場ではイベントが行われていた。野菜や惣菜などが販売されていたようだが、このようなイベントを見ると何かホッとするような気持ちになる。

4バザー

勾当台市民広場にはこのようなお洒落なカフェも存在する。結構多くの人がランチを愉しんでいるようだ。コロナ明けが近づいているのを感じるシーンである。

5カフェ

カフェには、このようなテラスもある。何と言っても、コロナ禍であっても三密になり難い環境が売り物である。多くのかたが早くコロナが明けてくれるのを切に願っている。もちろん自分もその一人である。

6カフェのテラス

横町コメント
大変気になる仙台七夕祭り(毎年200万人を超える人出)ですが、開催方針は来月の7月に決まるようです。その時のコロナ感染者数に大きく影響されるのは想像に難くないですが、是非コロナ禍を吹き飛ばすような祭りになって欲しいと願っています。

私は東京オリンピックが開催されれば仙台七夕は盛大に行われるものと考えています。その論拠は東京オリンピックの閉会式が仙台七夕の最終日(8月8日)に重なることです。東京~仙台間は、東北新幹線のはやぶさに乗れば2時間弱の移動時間となります。従って東京オリンピックが例え無観客で開催されることになっても、仙台には相乗効果によって人が流れると見ています。

本日もご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


7六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)