fc2ブログ
 Jonathan Scott MOZART - MARRIAGE OF FIGARO 


リンク曲:Jonatan Scott演奏『フィガロの結婚』について
(以下:ブリタニカ国際大百科事典より引用)
フランスの劇作家ボーマルシェの喜劇で5幕からなる。1784年コメディ・フランセーズで初公演された。『フィガロの結婚』は『セビリアの理髪師』の続編として 1778年に完成した。当初は1781年初演の予定であったが、大革命を目前にした時期に旧制度批判と第三身分擁護という政治的意味合いがあり、三年間上演を禁止された。だがこれにより、この歌劇はかえって空前の大当りをした。今日では葛藤喜劇の代表作とされる。5幕3場の長大な独白が有名である。モーツァルトの作曲によりオペラ化された。

本日『フィガロの結婚』をリンクした理由は街中で結婚式を挙げた後と見られる新郎新婦の記念撮影に遭遇したからである。欅並木の街路樹を擁する定禅寺通はパリにも似ているとも言われ、環境が素晴らしい。従ってジューンブライドの季節である今の季節は運が良ければこれを目にすることが出来るのである。

1ジョナサン・スコット挨拶

定禅寺通に行った理由は、仙台市図書館から借用していた図書の更新日に当たるからである。仙台メディアテークではいつものように新たな本を数冊借りた。もちろん通勤時に立ち寄る朝カフェで読むためである。

2メディアテーク

欅並木の中央で結婚式を終えたばかりの新郎新婦👫を発見👀文字通りジューンブライドである。満面の笑みを浮かべた花嫁の表情が印象的であった。

3マリッジ

縁起のいいものを見た後は真っすぐ帰宅しても良かったのだが、少しだけ気になるスポットがあって寄り道してみた。アジサイ寺の呼び名で有名な資福寺(臨済宗)である。寺に向かう参道ではアジサイをスマホに収めようと女生徒(中学生?)がシャッターを切っていた。何とも微笑ましいシーンである。

4沿道

参道は住宅地に面しているが、民家にとっては庭先にアジサイが咲いているようなものである。

5住宅地

参道の両脇のアジサイを見ながら、やや古そうな山門をくぐって境内に入った。

6山門

二宮金次郎とアジサイのコラボレーションは不思議と違和感を感じないものがあった。

7二宮金次郎

それにしてもアジサイの多彩ぶりには魅せられる。暖色もあれば白(無彩色)や暖色系もある。宗教の本質は来る者拒まずだが、自分は禅寺の許容性がアジサイの多彩性に重なってくるのである。

8寒色系

横町コメント
ジューンブライドといい、禅寺のアジサイといい、6月でないと見られないものを見ることができました。これには感謝しなければなりません。感謝と言えばもう一つ忘れてならないことがございます。それは昨日梅雨入りしたにもかかわらず、本日は晴天に恵まれたからです。そう考えるならば、本日は多くの幸運が重なったと言える気が致します。

これによって新たな週に向かう意欲が湧くのを実感しています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


9六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)