fc2ブログ
The Who - You Better You Bet - Live In Hyde Park, London / 2015


リンク曲について
ザ・フーと言えばビートルズローリング・ストーンズと並び、イギリスの3大ロックバンドの一つである。このYou Better You Bet(1981年収録)のプロモーション版は過去に何度かリンクしたが、ボーカルのロジャー・ダルトリー(1944年生まれ)、ギターのビート・タウンゼント(1945年生まれ)ともバリバリの30代の時のものであった。

本日リンクしたのは2015年に祖国のイギリスでのライブ公演した時のものである。歳を計算するロジャー・ダルトリーが71歳、ビート・タウンゼントが70歳の時のライブということになる。外見は歳相応だが、熱きハートは30代の頃と少しも変わっていない。舞台の背景のスクリーンには若かりし頃のザ・フーが映し出されているが、古いメンバーのうち三人は他界されたようだ。それを思うと時代を感じるが、強い主張を伴ったこの曲は少しも色褪せないものを感じさせる。

果たして、このライブが行われた時の彼らと同じ歳になって、自分がこのようにパワフルでいられるだろうか?いくつになっても若さを保つ。これは多くの御仁の理想だが、やはり若々しい気持ちをキープすることが何よりも大切なのではないだろうか?70代となった彼らを見守る大観衆もこれと同じ気持ちで、ザ・フーのライブを愉しんでいるように思えてならないのである。

1ザ・フー

さて、今日は中休みの日である。文芸誌の投稿の締め切りなどの止むを得ない事情を除き、私は家でじっとして一日を過ごすのが大の苦手である。図書館で借りたい本があったこともあり、私はいつもの定禅寺通晩翠通の交差点近くを訪ねた。

図書館の駐輪場にバイクを止めた私は折り畳み傘を持参してドン・キホーテ仙台晩翠通店に立ち寄り買い物をした。

2西側

ドン・キホーテを出た後は国分町方面に向かった。本日の仙台の最高気温は21度と全国の都道府県の県庁所在地の中で最も低い気温だったようだ。私はこれをウォーキングへの追い風と捉えることにした。

3晩翠通東側

国分町が近づいた。若い頃によく足を運んだ街だが、ここに来るとどうしても自他の喜怒哀楽を感じてしまう。「一期一会」という言葉が発する真意(一生にたった一度の出逢い)を感じざるを得ないシチュエーションである。

4国分町へ近づく

国分町は東北一の歓楽街である。今は新型コロナの影響でパッとしないが、いつしか必ずかつての賑やかさを取り戻してくれるのを願って止まない。ゴールドの外壁が張られたビルを前にして、私の脳裏にはそのようなことが過った。

5ゴールドのビル

ぐるっと回って再び定禅寺通に出た。欅並木の中央分離帯には所々このような彫刻が立っている。月桂冠を被った銅像には近々開催される東京五輪を重ねた。太宰治作「走れメロス」に登場する主人公を感じるような趣である。

6定禅寺彫刻

横町コメント
今日の水曜日は貴重な週の中休みを有意義に過ごせたと振り返っています。その理由を述べるならば自分はメンタルとフィジカルのバランスを何よりも重んじるからです。これはもちろん梅雨時にも言えることです。それにはモチベーションを高くキープしなければなりません。本日リンクしたYOU TUBEのThe WhoのYou Better You Betにはそれを強く感じています。 これからの自分のセカンドライフにおいて目指すべき方向性を導くような曲とさえ捉えています。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


7六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)