fc2ブログ
 武田邦彦氏・河野太郎大臣の発言を糾弾 


リンク動画について
河野太郎行政改革担当大臣のコロナワクチンへの発言が波紋を呼んでいる。河野氏は6月20日の日本テレビの番組で「ファイザー製もモデルナ製も1年は持つ」と説明したが、翌日になって加藤勝信官房長官がこれを撤回し、ワクチンの効力の及ぶ期間は今のところ証明されてないと述べ、正面から河野大臣の発言を否定している。同じ与党の閣僚同士の見解の食い違いに際し、公明党の山口那津男代表は苦言を呈している。

河野大臣はこれに輪をかけ、遺伝子ワクチンにリスクを唱える意見の多くをデマと発言している。科学者でさえもわからない遺伝子ワクチンの副反応や信頼性に関して、専門家でもない河野大臣がここまで言い切れるのだろうか?

1国民なめんな

私はこれまでコロナワクチンに関する様々なサイトを見てきたが、副反応に関して決定的なことは極めて不透明であり推定で述べているものばかりである。それを頭ごなしにデマと決めつけるのは如何なものだろう。情報を見る限りデマを吹聴するサイトのみでなく、論理的に根拠を掲げたサイトも多数存在すると私は見ている。

2副反応はわからない

製薬会社であるファイザーの治験は2023年の5月なので、後2年あるにも関わらず、不妊には関係ないとは言い切れないのではないだろうか?

3治験の期限は2023年

河野太郎氏と武田邦彦氏(元中部大学総合工学研究所特任教授)の見解を表にまとめてみた。論拠も挙げずに頭ごなしにデマと決めつける河野太郎氏に説得力や誠意は感じられない。

4二人の主張食い違い

これは製薬・バイオ業界に携わる人へのアンケート結果である。古いデータで恐縮だが、立場がコロナワクチンに近いかたほど、早期のコロナワクチン(mRNAワクチン、ウイルスベクターワクチン)を接種したくないとしている。医師についても接種したくないと答える人の比率が多くなっている。

5日経バイオテク

河野太郎大臣はワクチン接種を推進する立場であることは十分に理解できるが、もっと言葉を選んで謙虚な発言をするべきなかったのではないのだろうか?。デマと述べたことがもし本当だとしたら責任の追及は免れないところである。

6国民の権利

横町コメント
実は分析の結果、去る6月3日に掲載した「新型コロナワクチンは危険? 新潟大学名誉教授岡田正彦氏」https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-3083.htmlの記事に1000を超すPVが寄せられました。如何に関心の高い話題であるかが理解できましたが、自分としてはこれだけ反響が大きいと続編的な記事も書かねばならないと考えました。

私はけしてコロナワクチンアンチ論者ではありません。現在出回っている遺伝子ワクチンへの信頼性に疑問を持っているだけです。従って現在開発中の組換え蛋白質ワクチン塩野義製薬など)が出回れば、積極的に接種したいと考えています。そうすれば課せられたワクチン接種の努力義務を果たせると考えています。それまで数箇月のインターバルがありますが、健康に留意してコロナに感染しないよう努めて参ります。自分としてはこのような選択肢もあって然りと捉えています。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
    

7七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)