fc2ブログ
 Whitesnake - Here I Go Again 2004 Live Video 


【コラム】
自分は時として音楽と酒の力を借りて記事を書いている。即興でネタを書くには’閃き’を要するわけだが、そういう際に大いに役立つのがお気に入りの洋楽である。Whitesnakeの HERE I GO AGAINは5年ほど前にもリンクしているが、その中でも定番と言える意中の曲である。
歌詞を訳せば

これから何処に行こうとしているのかそれは俺にもわからない。
でもこれまで何処を通ってきたのかそれはもちろんわかってるんだ。
昔の曲のなかで歌ってきたことにしがみついてたのさ。
いま俺は決心したんだ。一分たりとも時を無駄にできないと。
再び俺は立ち上がる。俺はこの道を行くんだ。

となる。
これは今の自分のブログ観に近い。ブログは人生の縮図とも言われるが、ブログほど人間性の出るものはない。
FC2ブログに移って既に3年過ぎたが、本日はこのブログの特徴について述べてみたい。但し、これは他のブログを経験したから言えることである。「井の中の蛙大海を知らず」にならない為にも、自分のブログ運営を再度俯瞰し、修正可能なものを見直し、自己啓発して行きたい。

1デイビッド

これは数年前に作成した’ブログ親密度相関グラフ’である。価値観はブロガーそれぞれだが、コメントのやり取りこそがインターネットの醍醐味であると自分は考えている。コメントを頂くということは記事を熟読して頂いている証ゆえ、ブロ友の中でも特に親しいブロ友である。自分はそんな付き合いを大切にしているのである。

但し、はっきりと言わせてもらえればFC2ブログは甚だブロガー相互のコミュニケーションにおいて、他のブログから遅れを取っている。その理由として
①ゲストブック機能がない。
②ブロ友以外の記事更新情報が掴めない。(社外ソフトを使っても時間差を生ずる)
が挙げられる。

或るブロ友はFC2ブログの運営者のことを’個人主義が多い’(ブロガー各位の問題ではなくFC2ブログの性格上止むを得ない事情)と述べているが、残念ながらこれを認めざるを得ない。折角記事を更新しても、コメントがないと、読者が熟読しているか否かはわからないわけだが、多くのFC2ブロガーの多くは、拍手の数をもって満足しているように自分の目に映るのである。

自分はこれと全く違った考えをもってブログを運営している。極意は’膝を交えてブロ友と交流する’ことである。膝を交える為には聞き役に徹しなければならない。自分は記事の更新時と、訪問&コメント時のスタンスを180度変えている理由がここにある。ブロ友の多くはけして話し上手を望んでいるのではなく、聞き上手を望んでいると解釈しているのである。

2親密度のグラフ

横町コメント
ブログは読んでもらえるからやり甲斐があるのではないでしょうか?拍手やイイネだけならほんの数秒で済みますが、コメントを残すには結構時間を要します。自分はこれからもその手間暇を惜しまず、ブロ友との誼を継続したいと考えています。これを昔で言えば文通の作法となります。文通には暗黙のルールがあります。それは
①仁と礼節を怠らない。
②自分のことを書く前に相手のことを書く。(脱線はほどほどに)
③親密度が増すにつれ、多少の脱線もありとなる。(その際であっても、相手のことは7割前後書き、自分ことは3割程度に留める)です。

これはトップセールスと言われる腕利きの営業マンのスタンスにも相通ずるものがあると考えています。謙譲心なくして良好な人間関係は存在しない。これは実社会もブログも全く同じと捉えています。記事にこのようなことを書いているブログを自分は他に見かけたことがありません。それでも、自分は棚ぼた的な交流をけして望まない主義ゆえ、敢えて表明させて頂きたい所存です。

皆さんはブログ運営に際しどんな考えをお持ちでしょうか?お聞かせ頂ければ幸いに存じます。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

3六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)