fc2ブログ
本日は仙台市青葉区の電力ビル1階アクアホールで開催されている。絵画展の模様をお伝えしたい。サークルの名前は「風」である。入場料は無料となっている。

1展覧会全景

展示の時間は10時~18時、8月1日(日)までの開催となっている。

2タイトル

大沼利史氏作「勾当台公園の秋」 勾当台公園は官庁街にも隣接する都心部で、最寄りの場所ゆえ馴染み深いものがある。仙台は杜の都と言われるが、都心部でこのような紅葉が見られるのは極めて喜ばしいものがある。水彩画の良さ(適度なぼかし)がよく表れている気がする。

3勾当台公園の秋

後藤靖夫氏作「秋保の森」秋保は仙台の奥座敷とも言われ、伊達政宗も愛した至極の温泉場である。温泉場の周りはこのような深い森に囲まれている。歴史にも彩られたスポットで、蒼古な趣を感じる場所である。旧道っぽい場所を選んで描いたものと思われる。

4秋保の森

加藤忠治氏作「愛宕神社」 もともと山形の米沢にあった愛宕神社が、伊達政宗の移封とともにまず岩出山から仙台へと移転した。仙台総鎮守。火防鎮護、辰巳歳生一代守護の利益があるとされる。仙台市都心部からみて南の小高い丘(愛宕山)の頂上に建つ。境内には伊達騒動で烈士と言われた伊東七十郎の招魂が建っている。仙台市街地を見下ろすように咲くエドヒガン桜は有名である。

5愛宕神社

門馬駿一氏作「卓上の静物」 風景画もいいが静物画も悪くない。洋間に飾ったら映えるのではないだろうか?図案が素晴らしい。

6卓上の静物

及川貞夫氏作「潮風の岬」 場所は定かでないが、リアス式海岸を描いたようだ。海の日は終わったばかりだが、辺境だけに岬には限りないロマンを感じる。水平線と空の区分が朧だが、却ってここに魅力を感ずる。手前の岩の感じがいいが、油彩の利点を活かした作品という気がする。

7潮風の岬

加藤忠治氏作「薬師寺」 若林区に現存する陸奥国分寺である。奈良時代の740年頃に創建され、何度か建て替えられてはいるものの、往時の面影を色濃く残している。まさに歴史の生き証人だけに、幽玄なものを感じる。江戸時代の初めには、仙台藩祖伊達政宗によって再興された。現在自分が執筆している東街道にも近い場所である。

8薬師寺

横町コメント
作品の撮影には、もちろん開催者から許可を取っています。本当に素晴らしい作品ばかりで、記事を書くに当たっては選考に悩みましたが、これぞと思った作品にスポットを当ててみました。皆さんはどの作品が目に留まりましたでしょうか?

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 

9六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)