FC2ブログ
  池波正太郎 人間は一椀の味噌汁を味わうだけで生き甲斐を感じる 

リンク動画について
民放テレビ番組「知ってるつもり」の池波正太郎(1923~1990)の一場面と思われる。池波正太郎は私の好きな作家である。剣客商売や鬼平犯科帳は時代劇でありながら、往時の社会の実像に迫ったものが多い。時代劇は加減が非常に難しい。但し、仕掛人・藤枝梅安などのように’やらせという要素’が多過ぎれば娯楽作品的な傾向(あまりにも俗っぽい)に走るものとなる。このような理由から、同じ池波の作品でも藤枝梅安はパスしている。時代劇に何を求めるのかは人それぞれだが、自分としては娯楽時代劇的な方向性は求めておらず、真面目モードの池波の作品こそがゾーンなのである。

生前の彼は下町の飲食店を飲み歩くことが多かったという。蕎麦屋や料亭にも足を運んだものと察している。単なる食道楽というものではなく、彼のことゆえ、例え飲食の中であっても、これから執筆する作品へのヒントを掴もうとしていたということだろう。彼の描く対象は庶民的なものが多かった。士農工商という身分に捉われず、往時の人たちがどんなことを考え、何を生き甲斐として生きていたのかを彼は真剣に考えたに違いない。

そのような彼の真摯な姿勢が私を惹きつけて止まないのである。インタビューに答える彼の話を聞いて頂きたい。作品にも登場するように、往時の人々がどのような食文化に接していたのかは大変気になるところである。人が生を営む礎になるのが食べ物である。彼に言わせれば人間は食べることで生き甲斐を感じるように出来ているという。

1池波正太郎

「光陰矢の如し」、「命短し」とは昔からよく言われてきたことだが、死ぬ時はアッという間に来るというのは、火を見るよりも明らかなことである。但し若年時においては、なかなかその実感が湧かない。多くは熟年を向かえてようやく気付くことである。満67歳で世を去った池波だが、もう少し長生きして人々の心の奥底に響くような作品を残して欲しかった。

2死ぬ時っていうのは、アッと言う間

それはさておき、一昨日の28日、土用の丑の日にちなんで伊達庵の鰻弁当を食べた。伊達庵は青葉区国分町に拠点を置く飲食店である。非常にシンプルなメニューだが、素材の鰻(脂が乗り切っている)が素晴らしく、店の良心を存分に感じた。’タレ’にはみりんが多量に含まれていたが、味わえば味わうほど、口の中でとろけるかのような至極を感じるのである。

3鰻弁当

横町コメント
食生活は人と切っても切れない縁を感じさせます。池波正太郎の作品多くには食事シーンが出て参りますが、それだけに庶民的目線を感じます。彼には戦争経験がありましたが、教官の暴力的な教え方に反感抱き、苦しんだとされます。

その後この時の経験が、後の彼の作品に多大な影響を及ぼしたものと察しております。恐らく彼は自分を苛んだ国家権力(とは言うものの、上官の恣意性にも苦しめられたと推察される)に対して、いつしか見返してやりたいという気持ちが芽生えたのではないでしょうか?旺盛な執筆への動機は司馬遼太郎とも酷似している気がします。筆力があっての時代劇執筆です。彼の作品は時として権力への反抗をテーマとしますが、このあたり非凡な才能を重ねます。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

4六百横町

関連記事

コメント

こんばんは~♬

作家はどんな体験も、仕事に結びつくのでしょうね。
鰻美味しそうです。
この時期に鰻を食べるだけで、
暑い夏を乗り切れそうな気がします。

URL | 布遊 ID:-

こんばんは

自分の体験を良い方向に利用できれば、
良い結果を得られる、その体現例と感じ
ます。
鰻弁当、美味しそうです。

URL | ichan ID:-

時代劇専門チャンネルで「剣客商売」と「鬼平犯科帳」は見ています。何れもこだわりのある食事シーンが出てきます。池波正太郎さんらしい細やかな台所のセットなど感心します。演じる俳優さん達も芸達者です。もうなくなっている人も居ますが池波正太郎の小説を忠実に再現して重みのあるドラマになっていますね。
伊達庵の鰻弁当を食べて夏バテ防止と無病息災パワー全開ですね。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。鰻を食べると、食通でもあった池波氏が思い浮かんで参ります。実は仕掛け人・藤枝梅安の原作も池波正太郎です。大衆受けする作品ですが、どうも自分には馴染めません。

「目には目を歯には歯を」というスタンスなのでしょうが、武士道とは無縁の世界ゆえ、これだけは見ておりません。剣客商売と鬼平犯科帳(モデルは実在の人物)に関しては、よく練られたものを感じています。
お陰様で、本日も格別なる追い風を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

池波正太郎は食通としても知られ、作品にも様々な食材が登場します。それだけに、食道楽を芸の肥やしにしていたと言っていいのではないでしょうか?

才能に溢れた時代劇作家だけに、67歳での逝去は早過ぎる気がします。鰻弁当、なかなか食べごたえがありました。おはからいにより、今回も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

おはようございます。昨日は仕事を終え、帰宅してから記事と向かい合いました。自分は文章を作るのが趣味なので、敢えて手間の掛かるほう(もう片方の記事の候補は電子蚊取りでした)を選びました。もちろん酒を飲みながらです。(笑)

完全に道楽と割り切っての文章作成でした。どうせ道楽するのなら池波正太郎氏の世界にどっぷりと浸かってやろうと腰を据えました。やや粗削りな文で、誤った表現(藤枝梅安と記すべきところを必殺シリーズと書いてしまった)も見つけ、先ほど訂正した次第です。

そういうこともあって、今は恐縮しています。それでも扱ったカテゴリーに関しては満足しています。ベネフィットは困難に立ち向かってこそ得られるという思考を改めて実感した気が致します。池波正太郎氏は67歳で亡くなっていますが、もう少し長生きして作品を残して欲しかったですね。

鰻に関しては脂がのっていて美味しかったです。出来れば座敷で日本酒と合わせたかったです。酒好きの歴史作家の多くが、このようなシチュエーションを好むのではないでしょうか?おはからいにより、本日もお引き立てを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

こんにちわ

労働紛争に関してのコメントありがとうございました。詳しくはメールにてとありましたが、横町様にメールということでしょうか?
それとも、労基、法務局の方にメールということでしょうか?

私のアドレスを送ろうと思いましたが、やはり非公開コメントは受け付けていませんと出ます。どうすればよろしいでしょうか?

URL | わいわいにゃんこ ID:-

作家と呼ばれる人の中には、飲食をすることで創作活動の原資としているかのような挙動が見られることがあります。
物書きにとってはエネルギー源なのかもしれません。
それだけに短命に終わっている作家が多いことが気がかりです。
 
もう何年も、鰻は自分の家では食べていません。
スーパーで売られている鰻で手頃な価格のものはすべて中国産ですので、警戒心が先に立つからです。
国内産の鰻にしても、昨今はタレと山椒の味で装飾している部分が目立ち、厳密な意味での天然ものとは言い難いと感じております。
そういった事情で、無理をして鰻を食べようという気はいたしません。

わいわいにゃんこさん、ありがとうございます。

ご質問に関してはご自身のブログに書き込んでおきました。メールとはFC2ブログのメッセージ機能(ブロ友様同士に限って使える機能)のことです。既にこちらからメールを送っていますので、ご確認ください。

声なき声さん、ありがとうございます。

ブログの趣旨としては鰻の信頼性の問題云々ではなく、土用の丑に鰻を食し、モチベーションが上がったことを述べさせて頂きました。モラルは朧なものながら、記事を更新した側にはイニシアチブがございます。

良好な人間関係構築においは、実生活同様に仁や礼節は欠かせないと考えています。相槌を打つ行動などに、私は仁を感じますが、自分も人様の話を聞いたり、ブロ友様が更新した記事にコメントする際は、そのように在りたいと考えています。

私の食べた鰻が中国産かどうかはわかりませんが、鰻を食べたことに対して水を差すようなコメントは出来ればお控えください。例え本当のことだからと言っても、述べてはいけないこともあるのではないでしょうか?

土用の丑の日の、格好の話題ですね…。残念ながら、私は鰻を食べることができませんでした…。泣。
小説家の食道楽の話題も納得できるものですね…。

URL | boubou ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

以前、永井荷風の食堂通い(毎日お気に入りの食堂を訪ね、かつ丼と日本酒を嗜んだ)をお伝えしましたが、自分も多分にそういうスタンスに感化されたものがございます。(笑)

荷風とすれば、それも執筆活動におけるリズムのうちだったと察しております。今回は池波正太郎のグルメ振りと作品への反映にスポットを当ててみました。彼の作品の多くに往時の庶民の食文化が登場するわけですが、彼の食へのこだわりが作品を生んだとも言えそうです。

お陰様で、本日もお志を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)