fc2ブログ

日本での新型コロナ死亡者数の実態/犬房春彦(ルイ・パストゥール医学研究センター)



リンク動画について
岐阜大学特認教授犬房春彦氏のYOU TUBEスレッドを引用させて頂いた。複数の識者がコロナが流行ったことでインフルエンザが抑えられ、死者数が減ったとしているが、日本ではこれによって平均寿命は延びたのだろうか?もしそうだとすれば、政府は政策の転換を考えねばないのではないだろうか?先ずは国立感染症研究所のデータをご覧頂きたい。これは2020年(令和2年)の疾病による死者数の予測と実績の数値である。予測に対して実際の死者数が3万人弱減っていることがわかる。

1三万弱減った

これは犬房教授のみでなく、国立感染症研究所の見解と思われるが、諸外国と比較して日本だけが平均寿命が延びた可能性があることを示唆している。

2本ちゃん日本だけ平均寿命が延びた

次のデータはテレ朝ニュースより引用した。日本人の平均寿命が前年(2019年)より述べたとしながらも、厚生労働省は肺炎やガンが減ったことを理由として挙げている。コロナに対しては、平均寿命を下げる原因になり得るとしていて、曖昧ながら国立感染症研究所の見解とは相反するものとなっている。

3テレ朝ニュース

過去にこういうデータがあった。令和元年の年末頃に発表された日本人の男女別平均寿命の推移予測(ちょうど中国の武漢で新型コロナが発生した時期)のグラフである。その予測を見ると2020年の数値は男性が81.34歳、女性が87.64歳となっている。

4平均寿命予想

こちらは実績値(確定値)である。2020年の数値は男性が81.64歳、女性が87.74歳と、ともに僅かながら上がっている。男女とも、明らかに実績が予測を上回ったことになる。

5平均寿命グラフ

これらを基に私なりの考えを述べたい。我が国の感染者数や死者数は欧米などと比べて格段に少ないが、コロナによって平均寿命が下がったのではなく、犬房教授らが述べているように、むしろ上がったのではないだろうか?そう考えないと、どうも辻褄が合わない気がするのである。

6説明

横町コメント
コロナが流行することで、日本国民の平均寿命が僅かながら予想よりも延びた。コロナ分科会や政府、マスコミはこのようなことは絶対に言いません。それは国民の気持ちが緩む懸念があるからではないでしょうか?犬房教授は論拠を挙げ、淡々と説明していますが、私としてはどうも彼の言う方が的を得ている気がします。ちなみに、アメリカとイギリスではPCR検査の陽性者をもってコロナ感染者とする方式を今年いっぱいで止め、来年からはインフルエンザとコロナの双方を検出できるような検査とするように進めているようです。(犬房教授の話)そうなるとコロナは風邪扱いとなります。流れから言って、日本もじきにそうなるものと考えています。東洋経済オンラインのデータhttps://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/をご覧になってください。変異株の一つであるデルタ株が猛威を振るっているようですが、7月半ば頃から死者数は横ばいで増加する傾向は見られません。そう考えると我々はもっと冷静になっていいのではないでしょうか?

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 

7七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)