fc2ブログ
 1984 Don Henley - Boys of Summer 


【コラム】
ブログを始めてもうすぐ13年になる。毎年、夏になるとどうしても聞きたくなる洋楽がある。それはドン・ヘンリー(アメリカ人:1947~)のBoys of Summerである。最近は音楽リンクとして洋楽が多いが、これは自分のゾーンであり、青春時代にワープする為のアイテムでもある。画像は若い頃のドン・ヘンリーである。アングロサクソン系の男性に多い割れ顎だが、映画ベンハーに出演していたメッサラ役(ベンハーのライバルで役の上では悪役として登場)のスティーヴン・ボイドと重なるものがある。

それはさておき、明日からの6連休を前にして、刺激的なオンザロックの助けを借り過ぎ去りし青春時代を思い起こし、毎年と同じようにBoys of Summerを聞いている。健康あってのセカンドライフだが、これまで大した怪我や病気もなく今日に至っている。ストレスがないと言ったら嘘になるが、最近は現役時代ほどのストレスは感じない。それだけ世渡りが上手くなったのかも知れないが、和して同ぜずの信念だけは貫いている。風見鶏にだけはなりたくないのである。

時に息詰まった際は、席を外して深呼吸することにしている。自己を客観する為である。胸に手を当てて、自分が矩を越えてないかを問えば、打開に至るヒントが見えてくる気がするのである。もし祖父がこの場に居合わせたならどう行動に及ぶかを考えてみれば、大概のことは答えが見つかるのである。今宵は在りし日の祖父の生き様を振り返りつつ、そんな取り留めもないことを脳裏に浮かべながら、プライベートタイムを愉しんでいる。

1ドン・ヘンリー

有給休暇を取得した私は、半ドンで勤務を終えた。午後の有り余る時間をどう使うか、思案に及んだ結果、晩翠通をゆっくりと歩くことにした。幸い台風10号は三陸沖に抜けたようで、昨日までの不完全燃焼のような天気とは、明らかに一線を画す天候である。フェーン現象を逃れたのが何より幸いある。青葉区晩翠通は周知の通り、仙台が生んだ著名な詩人・土井晩翠にちなんだ通りである。

昔は細横丁と呼ばれる生活臭の漂う雑多な路地に過ぎなかったが、今ではご覧の通り四車線の広い通りに生まれ変わっている。土井晩翠は木町通小学校(晩翠通の北側にある小学校)に通う際、ここを通ったと思われるが、往時の面影は全くと言っていいほど見当たらない。

今は近代的なビルが建ち並ぶ美観に満ちたストリートとなっている。右側の9階建ての白いビルは白鳥ビルと言って、かつて私が二十代後半で知り合った知り合い(飲み友達)が住んでいた建物である。仕事を通じて知り合った三兄弟(長兄が一人で、弟は双子)が仙台を離れて富谷町に移り住み、数年間は親交があったが、その後は消息すら掴めていない。諸行無常は人の世の定めとは言え、せめて彼らの幸福を願いたい。

2白鳥ビル

台風が掠めたこともあり風の強い本日の午後のひと時であった。晩翠通の街路樹は銀杏であるが、今は青々とした葉をつけたままで、とても晩秋の紅葉における色彩はイメージが湧かない。これが銀杏並木の意外性であり魅力とも言えるが、大量の落ち葉やギンナンの発する臭いなど、メンテナンスは結構大変なものを感ずる。

3法務局遠望

北一番丁との交差点に差し掛かった。左側の白っぽい色の3階建てビルの建っている場所に、藩政時代は仙台藩町奉行所があった。仔細は拙ブログの2021年2月22日更新の「晩翠通と北一番丁の辻・仙台藩町奉行所跡を訪ねて」https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-2982.htmlをご覧頂きたい。

4北奉行所跡

ここは北二番丁との交差点である。ガソリンスタンドが建っているが、最近はガソリンスタンドがだいぶ減った。これも時代の移り変わりと言ってしまえばそれまでだが、古いものが次々に消えてゆく今日この頃を思う時、一抹の寂しさに見舞われる。自動車のエネルギーの変換が加速する今、このガソリンスタンドもいずれは姿を消すに違いない。

5ガソリンスタンド

以前、ブログで紹介した二棟のマンションビルである。手前がプラウドタワー仙台晩翠通サウス(20階建て)、奥がプラウドタワー仙台晩翠通セントラル(24階建て)である。サウスのほうは既に今春竣工し、セントラルのほうは来春竣工となっている。

6サウス前

晩翠通沿いの万能板(仮囲い)に描かれたパース(鳥瞰図)をご覧頂きたい。仙台市街地の夜景をプライベートで欲しいままに出来るのは、大いなる魅力である。プラウドタワー晩翠通の戸数は全部で357戸となっている。

7プライベートスカイ

横町コメント
6連休を前にして、今宵は前夜祭のようなシチュエーションを思い浮かべ、このような記事を書いてみました。仙台の週間天気予報で、明後日の12日から軒並み雨マークがついているのは気になりますが、今年も有意義な盆休みを過ごしたい所存です。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)