fc2ブログ
以前も紹介したが、私の所属している団体である「石巻千石船の会」が公益財団法人日本河川協会(松田芳夫会長)から河川功労者として表彰を受けた。会員である私には隔月(奇数月)ごとに会報誌が届くが、今回の受賞は7月号(第160号)に掲載された。

日本河川協会は昭和24年創設で、治水、利水、環境の他、歴史・文化・河川愛護・国際貢献・地域振興の観点から社会に対して功績のあった個人や団体を表彰してきた。選考の基準は都道府県、国土交通省地方整備局、河川関係団体などからの推薦を経て日本河川協会の諮問組織である河川功労者表彰審査委員会の審査で決定されるものである。

当初は6月1日に東京都内で表彰式が行われる予定であったが、新型コロナの影響で中止となり、表彰状だけが届けられることになったという。

1表彰状

実は石巻千石船の会にはこのような立派なホームページがある。URLはhttp://iltc.web.fc2.com/である。

2ホームページ画像

石巻千石船の会(会長:邉見清二氏)は平成7年で今年で設立26周年となっている。会員は現在40名だが、会員のほとんどは石巻や石巻近辺の市町村に在住されているかたである。中には石巻を第二の故郷(他の地域出身)とされているかたもおいでである。ホームページの管理人は事務局長兼副会長である本間英一氏である。

3設立趣旨

ホームページの目次をご覧頂きたい。石巻は東北一の大河である北上川の河口に位置し、藩政時代の東回り航路の重要拠点として栄えた港町であった。会員の一部には廻船問屋の末裔のかたもおられる。毎年一回総会(4月)が開催されるが、新型コロナの影響で、昨年、今年と開催が見送られた。

4目次

横町コメント
自分は自画自賛を極力抑えていますが、今回の表彰は所属している団体の表彰ということで、ブログに掲載させて頂きました。飽くまでも趣味の域ですが、所属している団体がこのような表彰を受けるのは大きな励みとなります。今年は新たなかたが一名入会しましたが、このかたは北上川流域の登米市で学芸員を務められておられるかたで、過去に私と面識のあるかたでした。残念ながら総会が中止となって再会できませんでしたが、来年の総会では是非お会いしたいと考えています。

会員になる資格は特にありません。年会費4000円を払えば、志のあるかたはどなたでも入会できますので、お見知りおき頂ければと考えています。会員は高齢化が進んでおり、どうも私が最年少のようです;老若男女を問わず入会ご希望のかたがおられましたら、遠慮なくお申し出頂きたい所存です。「石巻千石船の会」について、よく「どんな会ですか?」と聞かれますが、けして船マニアの愛好会ではなく、れっきとした歴史研究会です。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

5六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)