fc2ブログ
 春の歌 (メンデルスゾーン) Felix Mendelssohn Spring Song 横内愛弓 
リンク曲について
古いブロ友様はお気付きと察しているが、この曲をブログにリンクするのは初めてでない。近年は毎年と言っていいほどリンクした記憶があるので、リンクのトータルは過去数回に及んでいると踏んでいる。本心を話せばこの曲をマイブログにリンクしないと、春になった気がしないのである(笑)YOU TUBEにおけるリンクは敢えてHIT数で決めず、日本人のピアニストということで、横内愛弓さんのピアノ曲とした。仙台藩士・支倉常長のような、笑顔とは無縁な人相をした私だが、セカンドライフを迎え心だけは柔和でありたいと思っている。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
昨日は日曜日でありながらブログを更新しなかった。否、出来なかったというほうが正確である。本日は何故更新出来なかったか?について説明したい。実は一昨日の土曜日に更新した記事「久しぶりのトラック運転♪」の記事に、ブロ友様の雲MARU様から「6メートルの鋼材を何に使ったか気になります」とのコメントを頂いた。

下図をご覧願いたい。これは塀のフレーム(骨組み)である。先週末の大風で私の家の塀がガタガタになり、その補強を二日掛りで行ったのである。その為に6メートルの鋼材を用意する必要があったのである。赤い線で現した部分が今回補強した鋼材である。私は建設関係の仕事をしてきたが、その経験があっての補強工事DIYであった。

この補強工事に掛った材料費は2万円近くとなる。これを業者に頼めば相当な額に及ぶ。また工事を引き受けてくれる保障もない。業者によっては「横町さん、これだけガタガタになったのであれば、全部壊してやり直したほうがいいですよ」と言うのかも知れない。そんな局面に際し、私が選んだ策は鋼材による補強であった。電気ドリルなどの工具は既に持ち合わせていたので、新たに購入したのは鋼材と金物である。

二日目の日曜日(昨日)は息子にも手伝ってもらった。息子は嫌な顔一つせず、私のDIYに力を貸してくれた。これは大変嬉しかった…、昔ならそろそろ身代(資産、転じて家督)を譲ってもいいと思うに価することなのかも知れない。(笑)

横町挨拶
細かい作業は残りましたが、大どころで今回の補強工事は終わりました。土日を返上しての大仕事でした。今でも体の節々が痛みますが、後味のいいものを感じています。今まで私は精神的不調を脱する際に、侍に成り切ったと何度も申し上げてきましたが、今回も侍に成り切ったと断言します。

それは侍が主君対して、いつでも命を捧げる覚悟が出来ているのと同様に、私はいつでも家族の為に死んでも良いと思っているからです。今回の補強で、この塀が自分の死後に於いても、確と存在するものとなることを願っています。

実は自分も、横内愛弓さんと同様に春が四季の中で一番好きな季節にございます。然らば今年も春の訪れを謳歌し、樹木の年輪の如く己の心に深く刻みたいと思います。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)