fc2ブログ
 ABBA - Knowing Me, Knowing You (Official Music Video) 


【コラム】
拙ブログにアバの曲を貼るのはけして初めてではないが、数年ぶりと記憶している。ダンシングクイーンなどのヒット曲で70年代~80年代前半に一世を風靡したアバは男性二人、女性二人のスウェーデンのグループである。既に1982年に活動を休止しており、39年ぶりのグループ再結成となる。 メンバーのベニー・アンダーソン氏(74)とビョルン・ウルヴァース氏(76)が、ロンドンの会場からビデオに生出演し、再結成する旨を発表した。

実は今年の1月~2月にかけての厳寒期に、私はこのノウイング・ミー・ノウイング・ユーを随分と聞いた経緯がある。背景の冬景色(ロケ地は北欧か?)に季節感を感じたこともあり、厳寒期を乗り切るのにピッタリのシチュエーションを感じたからである。この曲は76年に発表され、77年にリリースされている。歌詞の意味には敢えて触れないが、人生の転機においては過去を捨てることも必要という哲学的な思考を感じさせる曲である。

1アバ

ひと頃の暑さは去ったものの、このところまたもや梅雨のような天候に逆戻りした感がある。それでも今日は天気予報に反して雨が上がった。晴れ間こそないが私はバイクに跨った。行く先は太白区の八木山入口界隈である。モータリゼーションが発達する前に造成された団地なので、この辺りは非常に道が細い。バイクはそんなセクションを散策するのに最適なパートナーである。

2バイク

峰の頂上に建つ家をご覧頂きたい。明らかに窓からのロケーションを意識した作りとなっている。この辺りは仙台でも有数のロケーションを誇る地域なのである。これだけで私の好奇心を示すバロメーターは大きく跳ね上がった。😆あの家の近くまで行きたいという願望に支配されたのである。

3眺望

この辺りの団地が造成されたのは昭和40年前と思われる。それにしても道が細い;車ではとても擦れ違うことができない道幅(3メートル前後)である。

4狭小な道路

年代的には高度経済成長の頃ゆえ「イケイケ」のスタンスを強く感じる街づくりである。それから50年近くが過ぎ、世代交代も進んだものと思われる。

5古い住宅地

ひたすら坂を上ると、このようなビューを呈するセクションに着いた。香澄町である。晴れた日ならば、香澄町からは太平洋も見える。👀

6峰が張り出す

帰路は往路との重複を避け、私道のような道や階段を多く通った。地元の住民しか知り得ない道であり、よそ者の自分から見ればかなりマニアックとも言える。私はここで開き直った。きょろきょろとした落ち着かない素振りでこの階段を下りれば、それを目撃した人が不審に思いかねないと感じたからである。

登山家は山に登る理由を聞かれた際「そこに山があるから」と答えるというが、今日の私が、擦れ違った人からこの階段を通る理由を聞かれたら、登山家と全く同じように「そこに階段があるからです」と答えることだろう。

7コンクリート階段

車道と歩道を区画するコンクリート製の縁石ブロックに着目。目の不自由なかたが蹴躓きそうな状態だが、往時はそれだけ大らかな時代であった。

8コンクリート製分離帯

横町コメント
幸いにも今日は散策をしている間、雨が降りませんでした。バイクで出かけて良かったと振り返っています。行動を起こすことで、必ずと言っていいほどリスクは伴いますが、これが上手く行けばベネフィットが得られます。そういう意味で今日の散策は大成功だったと察しております。

今宵はアバの再結成を心から祝し、祝杯🥃を挙げています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

9六百横町
関連記事
 ABBA♪  -  -

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)