fc2ブログ
八月末のことだった。ブランチ仙台(泉区の複合ショッピング施設)で買い物を済ませ、帰路に付近を散策していた際、奇妙な光景に出遭った。👀💦樹木の生い茂っているのは桜ケ丘団地の北部に位置する青葉台公園である。

1青葉台遠景

青葉台公園から北に30メートルほど離れたところに、もう一つの公園があるのに気づいた。
✋😮🤚こんなに近いのに、なぜ二つも公園があるのか?私は不思議に思った。こちらの公園の名前は長命ヶ丘二丁目南公園である。こちらの公園は30メートル四方ほどしかなく、猫の額のような狭さである。これにも驚いた。なぜ二つの公園を合わせて一つにできなかったのだろうか?謎は深まるばかりである。

2長命ヶ丘二丁目南公園

ふと、青葉台公園のほうに目を移すと、買い物帰りらしき女性が足早に公園を通り過ぎるのを目撃した。どうやらこの公園は抜け道(歩行者のみ通行可能)となっているようだ。

3青葉台抜け道

女性の行った方向をたどってみると、広場に抜け南西部にはこのような集会場があるのに気づいた。青葉台のほうは非常に広い公園のようだ。

4青葉台集会所

帰宅して航空写真(地図も)を見て、やっと気がついた。二つの公園は区が違っていたのである。💡

5Google航空写真二つの公園

横町コメント
近接する地域に二つの公園が林立していた理由は、都市計画法による公園の設置基準に起因しているようです。泉区の長命ヶ丘二丁目南公園のほうは申し訳程度の狭い面積に対して、青葉区の青葉台公園のほうは非常に広い面積を有しているようです。同じ公園でもまったく印象が異なります。行政上の問題とは言え、何か腑に落ちないものを感じた二つの公園の散策でした。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

6六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)