fc2ブログ
Queen One Vision Live At Wembley Stadium 1986


【コラム】
セカンドライフに入った今は、現役時代ほど人間関係を意識することが少なくなった。自分ではわからないが、丸くなったからなのかも知れない。だが人間の素性はどこかにその片鱗を残すものである。わだかまりは少なくなったものの、過去の出来事がフラッシュバックし自分の理性を揺り動かそうとするのである。そんな時は深呼吸してリセットを心掛けるようにしている。公を蔑ろにして、私に走れば自ずと人心は遠のく。それがわかっていても自己の客観は難しい。本日はそんな取り留めもないことを心に浮かべながら、Queenの曲を聞いている。初めてではないが数年ぶりのリンクと記憶している。

見所は何と言ってもフレディ・マーキュリーの天才的なステージである。以前は長髪で似ても似つかぬ外見だったが、性的マイノリティを疑われた彼は、一転してこのような短髪に口髭を生やし、男性をアピールした。一部の人はフレディーのことをオヤジ的な容姿と揶揄したという。本来ならこのような外見は異端であり、ロックバンドにそぐわないはずなのである。ところが、それに反してこの独特の”オヤジスタイル”がファンから圧倒的な支持を受けることになるのである。口髭以前に、彼の秀でた歌唱力や舞台でのアクションが関わっているのは言うまでもないが、ファンと言うのはロックバンドに対して、個性や先駆者をも求めているということも言えるのではないだろうか?

口髭は権威の象徴と言われるが、好き嫌いがはっきりとわかれる。我が国では明治維新後~太平洋戦争にかけて口髭が権威の象徴として使われた。今では男性のお洒落の域と化している顎鬚とは意味が全く異なるのである。言えるのは口髭を生やした男性リーダーはイエス、ノーの意思表示をはっきりしなければならないことである。意志がぐらつき、戸惑いを見せるリーダーには誰もついていかない。口髭を論ずるのであれば、その幅や垂れ下がり具合にも触れねばならない。チャップリンやヒトラーのように幅を狭くすれば滑稽にも見えるし、ニーチェやワーグナーのように幅を広げれば尊大に見え、映画Le Gitan(ジプシー)を演じたアランドロンのように下にも伸ばせばアウトローにも見えるのである。

自分も口髭を生やしているが、もちろん人に不快感を与えないように毎日鋏を入れている。かつて権力に対して正面から抗った自分として、口髭は唯一の名残である。もちろん自分からは、かつての自分がアウトローだったということは一切語らない。今宵はそんなことを考えながら、三連休の中日の余韻を噛みしめている。

1フレディ・マーキュリー

ワン・ビジョンの和訳である。原文では意味が伝わらない部分があったので、自分なりにアレンジしてみた。自分も複数のビジョンなど要らない。原曲には宗教も入っていたが、敢えて外した。それは私が無宗教、無神論であるからである。何事も神仏には頼らない。これを終生誓った私である。

1ワンビジョン歌詞

さて、本題に入りたい。今日は宮城野区小田原のウジエスーパーを訪ねた。ウジエスーパーは宮城県登米市を本拠地とする食品スーパーマーケットチェーンである。イオン系列やヨークベニマル等の全国チェーンのスーパーに一歩も引けをとらない経営手腕には一目も二目も置いている。品揃えが豊富で、痒い所に手が届いている印象を受けた。

2ウジエスーパー正面

左に行くと東北本線、仙山線の踏切だが、建物は踏近くまで続いており非常に広い間口である。駐輪場にバイクを止め、買い物を済ませた後で私はウォーキングに出立した。

3踏切に至るウジエ前

小田原界隈の道は狭く、ほとんどが一方通行である。低層住宅と中高層住宅が同居するセクションである。


4北側から見た大行院丁

以前から気になっていたビルの前を通った。ここはかつて喜代乃湯という銭湯があったビル(第一喜代乃湯ビル)である。残念ながら銭湯は廃業したようである。時代の移り変わりとは言え、大変心残りなものを感ずる。出来れば昭和の頃に戻りたいと言うのが偽らざる私の気持ちである。

5喜代乃湯正面から

この通りの名は小田原大行院丁というらしい。その昔は寺でもあったのだろうか?

6小田原大行院丁

国道45号線に出て花京院方面を望んでみた。通り向こう(南側)は高層マンション街となっている。

7国道45号北側

自分は定年退職に至るまで何度か労働基準監督署に足を運んだことがあった。画像中央のクリーム色の建物が仙台労働基準監督署の入っている第4合同庁舎である。

8国道45登坂、労働基準監督署

横町コメント
本日は新旧の建物が入り乱れるセクションを散策しました。懐かしい気持ちと仙台市の新たな街づくりへの新たな構想を存分に感じた一日となりました。この後昼食を摂りましたが、これを書けばくどくなるゆえ、後続の記事でフォローしたいと考えています。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

9六百横町
関連記事

コメント

こんばんは~♬

記事を拝見していて、いつも仙台は大きくて、
綺麗な街だと思います。
まだまだ開発は進んでいくのですね。

URL | 布遊 ID:-

仙台は歴史と現代が共存していることを実感しました。
居住のためには、理想的な地域だと思います。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。何か取り留めのない記事となってしまいました;ウォーキングに如何にモチベーションという付加価値を見い出せるかが継続の鍵と認識しております。そう言う意味で、新たなセクションを開発できたという満足感を抱いています。実はウジエスーパーの一画には飲食コーナーがあり、主に熟年層で賑わっております。自分も自販機のコーヒーを飲みながら20分ほど読書を愉しんでいきました。

本日もお志を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

声なき声さん、ありがとうございます。

都心とは少し離れた地区ゆえ、様々な複合を感じながらの市街地散策となりましたが、テーマが多いので飽きることがなかったです。バイクを止めて問題のないところというのがミソですが、探せばまだまだ見つかるものと考えています。

ウォーキングの可能性は無限。これを改めて思い知った昨日の散策でした。難を言えば秋空が見たかった気が致します。(一日中曇天)ご配慮により、今回も格別なる追い風を頂戴しました。ありがとうございます。

こんにちは

こんにちは、横町利郎さん。
国道45号線って目に留まりましたが、八戸まで続く沿岸高速道ですよね。三陸道の起点なんでしょうか。幹線から一歩中に入ると住宅街が続くんですね。
消費者数に応じたスーパーの出店なんでしょうが、大きな敷地ですね。商圏を考えた上での進出なんでしょうね。
うちの小さな町にもスーパーが大小8軒と生活用品を揃えたドラッグストアも8軒あります。競合するところに業務スーパーの出店も噂されてます。便利でいいんですけど、それほど多い人口でもないのに、多すぎやしませんかね。先日は新型コロナの感染で経営不振となりスーパーが1件潰れました。

URL | matsuyama ID:-

matsuyamaさん、ありがとうございます。

おはようございます。ウォーキングをマンネリ化させないために、様々なバリエーションを模索しております。その一つの答えがバイクで足を延ばし、駐輪場に止めた上で散策をする指向です。この地域は都心に近くその気になれば仙台駅まで歩いても三十分で行けます。それだけに着目しています。

この日はクーポン券(ランチパスポート仙台)を使うべく、ここに行ったのですが、自分の采配次第では楽しみ方が無限に広がるものを感じて参りました。ウォーキング時には自分もスーパーマーケットを意識していますが、このような大きなスーパーが建つと周辺部は自ずとスーパーが少なくなります。ウジエスーパーは地元の資本ですが、よくやっているなという印象を受けました。

物好きな自分としてはマイナーなスーパーも範疇なのですが、このような大きな流れには逆らえず淘汰されていっているようです。本日も有意義な御意見を賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

横町さん

フレディ・マーキュリーのイメージは
お笑いの神無月さんが
まねするフレディなんです<(_ _)>

バンド「クイーン」は
木村拓哉さん主演のTVドラマ
「プライド」の氷上の激突でしょうか

仙台を知るための、より細かいガイド本
や、情報誌だけでは見つけることが
できない実感を感じさせてくれます。
紹介ありがとうございます。

URL | まりっぺ ID:-

クイーンのフレディ・マーキュリーのステージ、確かに圧巻ですね…。
短髪に口ひげ、衣装はちょっとミリタリー風というのが、ロック風ではなく型破りですね、それにパワフルな動きが魅力的です…。
クイーンは名前を知っているだけで、曲も意識して聴いたことはなく、ステージを見るのも初めてでした…。
今日も、いい洋楽のステージを見せていただきました…。。。

都北の地元資本のウジエスーパーと言うのは初耳です…。相当大資本のようなので、関東辺りまでは進出しているのですかね…。
私の知っている範囲では、酒類販売のやまやが東北資本で全国レベルですね…。。。

URL | boubou ID:-

こんばんは~
QUeenの曲を聴きながら過去を振り返り、色々な思いに心が揺れるそんな時もあって良いと思います。
ホッとして休日を過ごされているのかもしれません。ロック調の曲「ワン・ビジョン」、ビジョンは一つでいい~なるほどね。

ウエジスーパーは知りませんでした。我が町にはまだない様です。
仙台も東北一の商業都市に発展、時代の移り変わりと共に新しい高層ビルが出来て行きますね。
所々にまだ昔の名残が見受けられて奥深いですね。何といっても伊達政宗が礎を築いた歴史のある街ですね。

まりっぺさん、ありがとうございます。

自分はお笑いやドラマなどエンターティメントの番組を見ないもので、神無月さんやTVドラマ「プライド」は存じておりません。記事の前半部はフレディーの口髭に威厳を重ね、このような趣旨の記事を書かせて頂いたゆえ、お察しください。後半部はウォーキングでした。

ブログにはイニシアチブ(記事を書いたほうと訪問者では明らかに立場が異なる)が存在すると存じますが如何でしょうか?話はやはり噛み合ったほうがいいと思います。それには訪問先では聞き役に徹することが肝要と存じます。但し、一度記事の趣旨に触れてからの脱線は許される。これが自分の考えにございます。

本日もお志を頂戴しました。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

記事の趣旨に添うコメント恐れ入ります。クイーンのこのステージは気に入っております。フレディーに関してはタンクトップまでは許せますが、胸毛のある上半身裸でのステージとなるとウ~ン、と考えてしまいます。(笑)そういう意味で、このライブは威厳を感じさせるシチュエーションと受け止めております。

短髪で髭というと攻撃的で、取りようによっては織田信長のようなサディズムさえ感じさせますが、それまでのフェミニン的な印象を払拭する狙いがあったと察しております。これは一種の”賭け”とも取れますが、フレディ・マーキュリーの圧倒的な歌唱力や表現力が、彼の新たな像を創り上げる原動力になったと解釈しています。

ウジエスーパーは地元では一流ですが宮城県オンリーの企業のようです。県北部に本社があるようですが、堅実な経営手腕を感じさせます。
本日も格別なる追い風を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

おはようございます。実は「ビジョンは一つでいい」とは私のアドリブで、作詞者が訴えたかった心情を思い図ったものです。直訳ではそれがいまいち伝わってこなかったので、もどかしさを感じていました。但し、直訳には「宗教」も入っており、これはあまりにも深入りし過ぎと考えカットしました。厳密にはこういうことは異なった訳と言えますが、多くのかたの感性に訴えるのを優先した次第です。

夏目漱石も口髭を生やしていましたが、なかなか似合っている気が致します。顎鬚や顔全体に生やす髭とは全く意味が異なると解釈しています。

この辺りも戦災で焼けた街ですが道が細く、結構前時代の頃の道がそのまま踏襲されたものと考えています。付近には平成の初めころまで駄菓子屋などがあり、もっと時代を遡れば色町(旅篭町)も近かったのですが、今ではほとんどその面影が残っておりません。ウジエスーパーは宮城県オンリーの進出ですが、どの店もそこそこ繁盛しているようで、地域に溶け込んだものを感じます。

ご配慮により、本日も有意義な御意見を賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)