fc2ブログ
ランチパスポート仙台を使って味噌タンメンを食べてきた。青葉区大手町味噌政宗は二度目の訪問である。大手町というだけあって、ここは仙台城の大手門の対岸に当たる場所である。評定河原球場にも近接するスポットだが、球場の対岸には仙台藩祖・伊達政宗公を始めとした三代までの廟所があり、観光客も多い立地である。

城に近い場所とあって、この界隈は四千石以上の仙台藩の重臣屋敷があった場所でもある。例えば山本周五郎原作の『樅ノ木は残った』の主人公である原田甲斐の仙台屋敷跡までは徒歩で三分ほどである。味噌政宗とはなかなか気合の入った名前だが、店としては政宗公の知名度にあやかろうと思ったに違いない。駐車場には二三台しか車を止められないようなので、バイクでの訪問である。

1味噌政宗外観

先客は5名だった。オーダーする時にランチパスポートを使って味噌タンメンを頼みたいと述べると、女性店員さんから「太麺がいいですか?それとも細麺がいいですか?」と聞かれた。私は迷わず太麺を注文した。

はきはきした笑顔での対応は申し分ない。さすがに観光客を相手にしているだけのことはあるようだ。持参した本を読みながら待つこと十数分で味噌タンメンが運ばれてきた。

2メニュー

太麺だけあって結構太い。イメージとしては長崎ちゃんぽんのような麺である。この麺と多めの野菜とコクのある味噌味が不思議なほど合う。店員さんからは「味噌からしを入れてお召し上がりください」と言われたので、素直に途中から入れることにした。

これが辛過ぎずまろやかで、少しも素材の良さを損じないのである。多くの場合香辛料を入れると、辛過ぎるて別な食べ物になってしまうのが”オチ”だが、この香辛料に限ってはそうはならなかった。

3太麺

Google3D立体画像で味噌政宗の位置を確認して頂きたい。広瀬川の河岸段丘の二段目(上から数えて)に位置する場所である。まさに仙台の大手町に美味いラーメン店ありを実感した本日の味噌政宗訪問であった。
😃👌

4Google3D立体画像

横町コメント
ここは仙台市の市営バスのるーぷる仙台の循環ルートに当たる場所です。(停留所はすぐ近くにあります)それだけに、観光客に訴えるものがあるラーメン店と考えています。政宗の名を語るには相当の実力も必要ですが、この味噌タンメンに関してはけして名前負けしてないものを感じて参りました。

折り紙付きの実力と言えるだけに、観光客のみでなく地元にお住いのかたにもお勧めしたい店です。難点は駐車場が狭いことですが、有料駐車場に止めてでも、このラーメン店を訪れる価値は十分にあると認識しております。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

5六百六十六横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)