fc2ブログ
一昨日の10月17日、私は仙台市青葉区川内の鶴岡八幡宮をバイクで訪ねた。神社の西隣にはマンションが建っている。新旧折衷と言った印象は否めないところである。

1正面

ほぼ同時に4輪駆動車に乗った若いカップル💏が来ていた。思い起こせば自分にもそんな眩しい時代があった。私はそんな気持ちに駆られ、二人の恋路の邪魔をしないよう極力控え目に行動した。

2奥の細道

亀岡八幡宮は、文治年間(1185年~1190年)に伊達氏始祖である伊達朝宗が福島県伊達郡梁川に鶴岡八幡宮を勧請して建立し、その後仙台藩四代藩主伊達綱村(1659~1719)によって現在の地に遷宮された。


3説明

大変残念ながら昭和20(1945年)の仙台空襲により社殿は焼失した ものの、大鳥居と365段の古い石段が往時の面影を留めている。


この場所に松尾芭蕉が訪れたのは元禄2年(1689年)のことだった。もちろん往時の仙台は拓けていなかった。人口は今の四分の一弱の50万ほどであったと言う。俳人芭蕉の目から見た往時の仙台はどう映ったのだろう?興味の尽きないものがある。


4延々と続く階段

休み休み365段の石段を登り切りようやく本殿にたどり着いた。

5本殿

横町コメント
途中で休憩はしたものの、幸いにもまだ私の足腰は衰えてなかったようです。改めてまだ老いるのは早いと悟った気がします。4代藩主の伊達綱村の廟所のある大年寺山(中世豪族粟野氏の本城があったとされる場所)の石段は255段だそうで、仙台亀岡八幡宮の石段(365段)の険しさを肌で実感しています。😴💦

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

6六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)