fc2ブログ
ROSSINI - WILLIAM TELL OVERTURE FINALE (GALOP) - ORGAN OF RIPON CATHEDRAL - JONATHAN SCOTT


リンク曲について
昨日の10月21日にアップしたばかりのジョナサン・スコット演奏のオペラ曲「ウイリアム・テル行進曲」である。自分がこの曲に出遭ったのは小学校2年のことであった。曲に対して思うのは、テルが弓の名手だけあって、やけにテンションが高いなという印象である。ダービーやカーレースを観ながら聞くのに相応しい曲という感じである。私はジョナサン・スコットのことをチャーチオルガンの名手と位置付けているが、彼の演奏はそれを少しも裏切らないものである。

0スコット

右奥の下の親知らずを抜かない治療を選択した自分だが、隣の歯にクラウンを被せた後に、一時強く噛めないという状態に陥った。今月の13日に歯垢取りに行った際、院長に症状を訴えたところ、しばらく様子を見ようということになった。それから十日近く経ったが、ようやく落ち着いてきたようだ。

1親知らずその3

今宵は週末の晩酌を心置きなく愉しんでいるが、このような硬いものを噛んでも全く支障ないようだ😃👌一時は不安を感じた右下の親知らずだが、今は主治医の言う通り親知らずを抜かないで正解だったと考えている。

2卓上

横町コメント
今回の治療が吉と出るのか、それとも凶と出るのか気が気でありませんでした;硬いものを難なく噛むことができた今は胸を撫でおろしています。いくら食欲があっても頑丈な歯がないとそれを噛み砕くことは出来ません。それだけに歯のコンディションは極めて重要です。今回の治療を経て自分歯が良好な状態にあるのを実感できた気が致します。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

3六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)