fc2ブログ
息子へのプレゼントとして相応しいものをいろいろと熟慮した上で、ゴルフクラブを買ってやることにした。向かったのはゴルフパートナー吉成店である。

めぼしいクラブ
を二本ほど選んで、試打させてから、それを一本に絞ることにした。ゴルフクラブは打感(打った際に受ける感触)が大切だからである。
※試打コーナーの写真はゴルフパートナーの他店からのものを流用。息子が試打したのは3番アイアンと4番アイアンで、共に初級者には難しいと言われる長いアイアンである。

このところ、めきめきと腕を上げてきた息子には、ロングアイアンを十分打ちこなせるだけの正確性とヘッドスピードがあるようだ。こうしたロングアイアンで無理に球を高く上げようとするとダフる(地面にクラブを擦ってしまうこと)可能性が高く、ミスショットになる率が高いので、スイング的にはダウンブロー(クラブヘッドを上方から下方に打ち込むようにするスイング)が基本である。従って打球は必然的に低く出ることになり、その分ラン(球が地面を転がる距離)が出るのである。

※ヘッドスピード&ミート率測定器の写真はインターネットから転用

二本のクラブから息子が選んだのは3番アイアン(メーカーはDUNLOP ゼクシオ)である。

シャフトはスチール製で硬さはSである。

なぜ、このクラブ(3番アイアン)が難しいかというと、クラブが長い割にヘッドの重心位置が高く、スイートスポット(芯を食う範囲)が狭いのでボールが上がり難いし、ミスショットを誘発しやすいからである。ロングアイアンは或る程度のヘッドスピード(最低でも40メートル/秒以上)と正確性があってこそ初めて打ちこなせるクラブである。息子のこのクラブが打ちこなせるかはわからないが、今日の試打を見る限りでは十分可能と感じた。











ゴルフパートナーでクラブを買った後で隣のドトールコーヒーに立ち寄った。空の色に着目して頂きたい。雪は降ったものの既に春の空を思わせるような青さである。一月と比べると太陽高度が確実に高くなったのを感じた瞬間であった。

私はアメリカンのホット
を息子は若いのでアイスのカフェオレ
をオーダーした。話題はやはりゴルフのことである。先ずはこのクラブに愛着を持つことが、上達へのモチベーションUPに繋がることを息子にアドバイスした。

ミック挨拶
実はこのところ、土日というと雪が降り、なかなかショートコースに出られないでいました。二週連続の週末の降雪でこれにはがっかりしましたが、息子にいいプレゼントが出来た本日でした。

息子がこのクラブをコース
で使う日も遠くないと受け止めております。たかがゴルフと言われるかも知れませんが、私としては息子の成長が自分のことのように嬉しい昨今です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)