fc2ブログ
   ワルツ《酒 女 歌》 ヨハン・シュトラウスⅡ   


【コラム】
ヨハン・シュトラウスⅡ作曲の優雅なワルツの調べを聞きながら5連休最後のひと時を心行くまで堪能している。現役時代と決定的に異なるのは背水の陣を敷いてないことである。だからと言ってぬるま湯に浸っているのではない。ビジネスにおいて適度な緊張は欠かせない。怖いのはなあなあになることである。漱石の言葉を借りれば「情に掉させば流される」ということになる。だから私は普段から「和して同ぜず」を座右の銘として、少しでもその域に近づくことを自分に課している。

例を挙げて説明したい。育ちも環境も異なる者同士が同じ考えに至るとは到底在り得ないことである。ここで大切なのは聞く耳を持つことである。これなくして「和して同ぜず」は在り得ない。自分が話すことよりも聞くことにウエイトを置いているのはこの為である。「和する」とは礼節と仁を以って相手の話を聞くことである。その為には懐が広くなければならない。

セカンドライフに入った自分はこれを常に心掛けている。これは何も実生活のみではない。ブログでも同じである。ブロ友様の記事に訪問した際は、先ずは聞き役に徹し、記事を書いたことを心から労う。そして感想を述べる。これがなければ良好な信頼関係など在り得ないのである。自分の話したいことは感想を述べた後でも遅くない。要は記事を熟読することがブロ友様への何よりもの誼なのである。

1ヨハン・シュトラウスⅡ

このところ、急に寒くなってきた。だからと言って別に慌てることはない。普段から一日4キロほどのウォーキングで体を鍛えているので、冬に立ち向かうだけの代謝が備わっているのである。数年前から冬場の暖房は電気ストーブ一つでOKである。(家族は違います)これは私の冬季における代謝が受動体質の代謝になっていないからである。

もう一つの理由として下着にヒートテック素材のものを着ていることが、寒い冬を乗り切る際の大きな原動力となっていると考えている。この時期になると、よくブロ友様から「風邪などひきませんように」とのお言葉を頂くが、私はこの歳になってまだまだ風邪をひくような虚弱なフィジカルコンディションにはなっていないのである。私がどんなに寒い朝でも早く起きれるのは身体の代謝が能動体質だからである。

そんな自分の冬場の楽しみは燗酒を嗜みながら、記事を書くことである。本日の仙台の気温は5度~8度と結構寒かった。そんな日は燗酒に限る。今年もいよいよ酒燗器の出番である。

2卓上晩酌

リンク曲がクラシックということもあって、酒の種類はウイスキーとした。ホットウイスキーは体が温まるのでこの時期は最高である。

3ホットウイスキー

横町コメント
あっと言う間に過ぎた5連休でしたが、週末のラストスパートに備えてのエネルギーは十分に蓄積できた気が致します。元々週休三日制ゆえ、プレッシャーなど知れたものですが、勤続年数による有休休暇も徐々に溜まってきたので追い風になっています。全てが上手く噛み合った感のあるセカンドライフですが、油断することなく一日一日とステディーな日々を積み重ねて行きたいと考えています。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

4六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)