fc2ブログ
右向け右】第394回 - 木村もりよ・元厚労省医系技官 × 花田紀凱


リンク動画について
言論テレビ右向け右】からの引用である。プレビュー版ながら、新型コロナの昨今の状況について、具体的な戦犯者を掲げ、歯に衣を着せずに一刀両断にしている。番組の聞き手は花田紀凱氏、著者は木村盛世氏である。本題に入る前に木村盛世氏のプロフィールを紹介したい。

1990年筑波大学医学専門学群を卒業。1998年にジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院疫学部修士課程を修了。内科医として研修の後、アメリカ疾病予防管理センター (CDC) 多施設研究プロジェクトコーディネーターを経て、財団法人結核予防会に勤務する。更にその後、厚生労働省で医系技官となり、厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健統計課疾病傷害死因分類調査室室長、同統計情報部訓令室長、東京検疫所東京国際空港検疫所支所で検疫医療専門職などを歴任。医療法人財団綜友会 医学研究所所長に就任。研究所を退職して一般社団法人パブリックヘルス協議会を設立して代表理事を務めている。

1木村盛世氏

木村氏の趣旨をまとめてみた。コロナ慎重論を唱えてきた識者(コロナ分科会)では尾身茂氏が最近出てきていない。彼女はそのことも追及している。衝撃的なのは羽鳥慎一モーニングショーで視聴率を稼ぐ目的で”やらせ”が行われていたことが発覚したことである。これについては上念司チャンネルでも取り上げているので、興味のあるかたはご覧頂きたい。【医師の木村盛世氏が暴露。テレビ朝日「モーニングショー」の確信的な煽りについて謝罪しなければならない|上念司チャンネル ニュースの虎側】https://www.youtube.com/watch?v=NYNwiLvv7CY

2木村もりよの趣旨

横町コメント
コロナは新しい局面を向かえたといっていい気がします。メディアはオミクロン株の感染力が増したことばかりを伝え、相変わらず国民の不安をあおっています。慎重に越したことはないという考えもありますが、これ以上経済に不要なダメージを与えかねないことなので危惧されるところです。

木村盛世は本の題名の通り、誰にも書けないことを本当によく書いてくれたと思っています。言論テレビ右向け右】は拙ブログでは初登場ですが、これを機にチェックして行きたいと考えています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

3七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)