fc2ブログ
Billy F Gibbons: "Missin' Yo' Kissin'" from "The Big Bad Blues"


リンク曲について
去る12月4日と12月14日に引き続き、ZZトップ演奏のリンク曲である。原曲の雰囲気をなるべく殺がないように自分なりに訳してみた。「花は大丈夫さ、君の言うことがすべてなんだよ、ああお菓子も、ダイヤモンドもOKさ、俺のことを宜しくね」とでもなろうか?こういう曲の直訳はぎこちなく聞こえるが、このような砕けた言葉を使うことで歌詞の真意が垣間見えてくる。

非常にノリのいいビートが伝わってくるが、やはりアメリカンロック特有の奔放さが魂に響く。自分としてはこの曲にバイクライディング時の気持ちを重ねたい。昨日のゴルフもそうだが、バイクに乗っているといつの間にか自分の年齢を忘れてしまう。風を切って走ることで心身が若返る気分になるのである。

寒い冬でも雪さえなければ、防寒対策をしっかり行い、バイクライディングを十分愉しむことができる。そんな時、無意識のうちに「老いるのはまだ早い」と言い聞かせる、もう一人の自分が居るのに気づく。小回りが利き、どこに行くにも自由である。それだけにバイクにはZZトップの奔放な曲が似合うのである。

1ビリーFギボンズ

今日の仙台の気温は7度であった。私は防寒対策をしっかり行い。眺望が利くスポットに向かった。牡鹿半島を含め、故郷の石巻方面が見える。やはり晴れた日のバイクは最高である。

2高台

この後、二級河川梅田川の主源流の”桜の水辺公園”と並ぶ、うどう沼(サブ源流か?)に向かった。林の大半は枯れ木となっているが、松などの常緑樹も混じっているようだ。うどう沼は灌漑用水用の池だったが、堰堤には犬を連れた女性が散歩していた。

3堰堤

北西側のアングルである。やや風の強い日だったので、川面にはさざ波が立っていた。太平洋側気候のもたらす冬晴れが実に心地よい情景を醸し出す。

4さざ波

横町コメント
昨日は冬至でしたが、本日は有給休暇を有意義に使い、明日への活力に繋がる息抜きができたと考えています。冬場は体が冷えるので長距離ツーリングはしませんが、晴れた日にはこのような眺めがよい所を選りすぐって訪れています。今日のように牡鹿半島が望める日は、本当に宮城県に生まれて良かったと思います。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

5六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)