fc2ブログ
本日は現在借りている本の更新日ということで青葉区図書館(仙台メディアテーク)に行ってきた。初めのうちは小雪がちらついたが、午後からはご覧の通り冬晴れとなった。借りた本は年末年始休暇にまたがることもあって、返却日は1月15日と3週間もあり、いつも(2週間で返却)より”借り得”を感じた。

1メディアテーク

時間がたっぷりあったので国分町界隈を歩いてみた。周辺の通りには名前がついていたが、どうしても名称がわからない通りもあった。

2Google3D立体画像

光彩通にはこのような案内図が掲げられていた。地図にはビルの名前が記入されている。コロナの自粛で多くの飲食店が淘汰され、テナントの入れ替えを余儀なくされている。

3北部地図

セブンコートビルには若かりし自分の行きつけのクラブがあった。そのクラブNTはとっくになくなり、今は別なテナントが入っている。飲み仲間は仕事仲間が多かった。

4セブンコート

セブンコートビルの面する通りのうちで東西に走るのが元鍛冶丁通である。命名からいって藩政時代は職人町であったと思われる。現在はご覧の通り、飲み屋がひしめく通となっている。一番町を仙台の昼の繁華街とするならば、こちらは夜の繁華街と言っていい。

5元鍛冶丁通

元鍛冶丁通元櫓丁通の間に存在する通の名前は案内図に掲載されていなかった。このビルは有名なナイタービルである。かつては仙台でも3つの指に入るキャバレーが入っていた。キャバレーやクラブにとって、バブル景気の頃を挟み建設業は自衛隊と並んで上得意だった気がする。

6ナイタービル

ナイタービルの通から南に一本行った通りが元櫓丁通である。

7元櫓丁通

これは晩翠通の一本東側を走る光彩通である。こういう細い通りは一方通行となっている。昨日はクリスマスイブと言うこともあり、多くの人出で賑わったのでないだろうか?

8光彩南側より

横町コメント
仙台の夜の繁華街である国分町は景気のバロメーターでもあります。これからはコロナで湿り切った景気をどれだけ取り戻せるのかが焦点となります。徐々にテナントの淘汰が行われ、今は体力のあるテナントが残った気がします。それだけにオミクロン株の影響が心配です。WHOにおいては一刻も早くオミクロン株の毒性(感性力が強いのは耳にたこができるほど聞かされた)について、安心できるコメントを聞きたいと考えています。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

9六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)