fc2ブログ
年の瀬も押し迫ってきたが、今日は今年のカフェ事情をブログに掲載したい。昨年までは、あまり変遷のなかった行きつけのカフェであるが、今年はコロナの影響もあってか、大きく変わった。今年の初めのカフェ絡みの記事を見ると、サンマルクカフェ仙台一番町店が登場する。(向かって左側のカフェ)その右側がカフェ・ベローチェ仙台一番町一丁目店である。

1隣接する二店

サンマルクカフェの室内である。落ち着いたいい店なのだが、ドリンク類の値段が上がってから行かなくなった。

2サンマルク室内

これはサンマルクカフェ仙台一番町店隣接するカフェ・ベローチェ仙台一番町店の室内である。自分のお気に入りが2階の角の席であった。大変残念ながらこの店はスモーキストカフェ(喫煙者をターゲットにしたカフェ)に変わった。自分は煙草を吸わないので今は行っていない。

4角の席

これは向かい側に位置するドトールコーヒーショップ仙台一番町店である。ドトールコーヒーショップは一人当たりの専有面積が狭いのでゆっくり落ち着けない。そういう事情もあって今は稀に足を運ぶ程度である。

5ドトール

これはマクドナルド仙台一番町店である。リーズナブルな価格でコーヒーが飲めるので、最近はよく足を運んでいる店である。この店は時間がない時(40分程度)に利用することが多い。この店もドトールコーヒーショップ同様に、一人当たりの専有面積が狭いのが難点である。それとたまに朝からマス(二名以上の複数)で客が訪れることもあり、話し声がうるさいと感じることもある。

6マック

カフェ・ベローチェ仙台定禅寺通店である。この店は職場から遠いので、主に休みの日に利用している。南側に大きな通りを有しているカフェなので日当たりがすこぶる良いのが特徴である。😃👌

8定禅寺通店外観

カフェ・ベローチェ仙台定禅寺通店の最大の魅力は四季折々の定禅寺通の街路樹(欅並木)を室内に居ながら堪能できることである。仙台を愛した女流歌人の河野愛子(1922~1989)が「パリに似ている」と評した定禅寺通を見ながら、コーヒーを飲むのは至福のひと時である。

7定禅寺通店室内

最後に真打登場である。カフェ・ベローチェ仙台一番町三丁目店(中央通と一番町の交差点に位置)が最近のホームグランドとなっている。この2階の席が自分のお気に入りの穴熊席(穴熊が冬眠の際に穴にこもったような状態になる)である。

9穴熊席

横町コメント
今年は新型コロナに翻弄されたと言っていい年でしたが、その影響もあり、行きつけとなっているカフェの変更を余儀なくされた年になりました。これは大変残念なことでした。救いは本命に代わる店であるカフェ・ベローチェ仙台一番町三丁目店が見つかったことです。自分としては、同店の穴熊席が気に入っているので、この店の存続を是非願いたいと考えています。

既に年末休みに入り、今年も後三日を残すのみとなりました。路面コンディションは冬道ですが、できれば後一日はカフェに行きたいと考えています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

10六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)