fc2ブログ
雪が降っても私は滅多にウォーキングを欠かさない。但し冬道イコール雪道とは限らない。一旦解けた雪が凍結すると始末が悪いが、年によってはこのようなアイスバーンも多い。画像は長靴だが、長靴は防水性があるので雪道に対しては相性が良いが、アイスバーンには向いていない。耐久性を上げる為に靴底が硬い材料で作られているため、氷の上では非常に滑りやすい。

これが仇となって長距離を歩くと踵にまめができやすい。スニーカーや革靴と比べると格段に靴擦れしやすいのである。歩行距離が5キロ程度までは大丈夫だが、10キロ近く長靴を履いて歩くと踵にまめができてしまう。一度まめができてしまうと治るのに二週間近くはかかる。今シーズンはそれを回避するため、新たな対策を施した。

1新品の長靴

或る対策とはシリコン製踵サポーターの着用である。元々は踵の保湿を目的とした美容製品である。万全を期す意味で、このサポーターの上に靴下を二枚重ね履きしたところ、靴擦れを防止する十分な効果があるのを確認することができた。これでこれからは心置きなく雪道アイスバーン上で長距離ウォーキングを愉しめそうである。😃👌

2シリコン製かかとケア

横町コメント
太平洋側気候の仙台は、雪は少ないのですが、時に道路がアイスバーンになることもあります。それはさておき、健康寿命を伸ばす秘訣は何と言ってもウォーキングです。雪が多い冬場はどうしても運動不足がちとなりますが、このシリコン製サポーター着用によって、長距離を歩けるので運動不足が解消できそうです。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

3六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)