fc2ブログ
【本要約】新型コロナ騒動の正しい終わらせ方 ~新型コロナワクチンの実像~


リンク動画について

一旦収まったと思った新型コロナが再び猛威を振るい始めているように見える。「見える」と述べたのは政府や知事らの会見が感染率が従来のデルタ株よりも高いことだけを強調していて、死者数や重症者数が激減していることにほとんど触れてないからである。


もっとも、この背景には従来から一部から指摘があった「新型コロナの扱いを感染症2類から5類に変える」という問題が蔑ろにされたため、生じた問題でないのだろうか?5類にならない理由は医師会の発言力が大きいからと高橋洋一氏(ユーチューバー:元内閣官房参与)が述べていたが、このあたりの対応が果たして実情にあっているの?単なる利権にのみ走っていないのか?は大いに疑問である。


実は新型コロナに関するYOU TUBE上のスレッドはWHOの見解と異なると見なされれば撤去される。このことが国民に「コロナは恐い。例えオミクロン株であっても…」という観念を植え付ける一因になっている気がしている。


参政党の松田学氏はこのことを自らの「松田政策研究所チャンネル」で何度も訴え続けてきた。出演している識者の多くは感染症や免疫学の権威で名誉教授を務めているかたで、現役の教授が極端に少ない。裏事情としては現役の教授がアンチコロナ論やアンチワクチン論を唱えただけで、大学に苦情が寄せられるというのが大きな理由と察している。


逆に言えばテレビや新聞、インターネットニュースから得られる情報の多くは、既に篩にかけられたもの(作為)ということになる。本来ならば、真実をありのままに伝えるのがジャーナリズムのあるべき姿であるが、利権に捉われる反面、このような屈曲を伴った報道となっているものと解釈している。本日はこれを念頭に入れた上で、このリンク動画【本要約】新型コロナ騒動の正しい終わらせ方 ~新型コロナワクチンの実像~【アニメで本解説】大阪市立大学 井上正康名誉教授をご覧頂きたい。


1井上氏と松田氏

数日前、WHOの研究員からオミクロン株は、従来の変異株(アルファ株やデルタ株など)とは異なり、肺などに致命的なダメージをもたらす可能性は低いと述べたばかりであった。それなのに、それを無視するかのように感染率が高いことばかりを強調するのは如何なものなのだろうか?WHOの見解を要約するならば、オミクロン株は重症化し難いし、かと言って軽症とも言えないとしている。敢えてこれを表現に表現するならば、「オミクロン株はこれまでの変異株とは異なり、中症程度のものであるらしい」と言った表現になるのではないだろうか?もっともこの中症程度という表現さえも、何か煮え切らないものを感じる。


2専門家WHO

横町コメント
せっかく収まったかに見えた新型コロナが変異株であるオミクロン株の感染拡大で、再び経済に深刻な影響を与えそうです。第5波収束で立ち直ろうとしていた飲食店に水を差す懸念を強く感じます。我々はこれを黙って見ていていいのでしょうか?大阪市立大学の井上正康名誉教授は、動画で述べているように、オミクロン株の正体は旧型のコロナウイルスと酷似しており、我々日本人が、かなり以前から接してきたウイルスで、欧米人などとは異なり既に免疫を獲得しているとしています。

従って欧米のような措置(感染者を隔離する対応)を取る必要はないのではないでしょうか?ちなみに、一時は失敗に終わったかに見えたスウェーデンの新型コロナ対策(集団免疫獲得を狙って講じた緩和的措置)が今となっては、却って功を奏しているようです。やはり短期的な視点での評価は禁物と認識しております。

せめて現状の感染症第2類相当(厳密には第1類と第2類の中間的な位置づけ)を改め、第5類相当にすれば、多くのことが変わるはずです。有体に言えば経済が滞らないということです。それを決断するべき立場にあるのは、他でもない、岸田政権と受け止めております。(様々な風当たりを覚悟でという意味)ベネフィットとリスクは隣りあわせですが、これを敢えて履行するのが真の政治家の役割と自分は解釈しています。

皆さんはこのことについて、どうお考えでしょうか?忌憚のないご意見をお寄せ頂ければと考えております。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

3七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)