FC2ブログ
 Ben Webster-Stardust 
リンク曲について
今週も無事に週末を迎えた。明日からは三連休である。サラリーマン現役時代の後期に私は窮地に陥り、何かにすがりたいと思った際、歴史や哲学(禅を含む)などを吸収することで、不安を少しでも和らげるよう努めてきたことがあった。そんなことをここ数年繰り返しているうちに、人間が本能的に食事や睡眠を求めるが如く、いつの間にか自然に歴史や哲学を自ら求めるようになってきた。言葉を換えれば「心の武装」とも言えるのかも知れない。

だが定年退職を果たし、セカンドライフを歩む今の私にとって「心の武装」は過去のものとなりつつある。私はこの年になってようやく肩の力みが抜けてきたことを実感している。老境にはゆったりとしたJAZZが合うのかも知れない。自然体を目指す境地と認識することで、本当の意味で安定期に入った気がしている。

人は深読みをして自滅に至るパターンが多い。だからと言って深読みの総てが外れるというわけではない。だが、私の経験則で話をさせて頂くのならば、世の深読みのほとんどは取り越し苦労で、その顛末は心労や人間不信に至る確率が高く、デメリットのほうがはるかに多いということである。禅の教えに「将来訪れるかも知れない災いを心配することなく、今現在を精一杯生きることが肝心」というものがある。然らば、今宵は将来訪れるものを案ずることなく、このJAZZに己の身を委ねたい。

私が、あと何年生きられるかはわからない。だが本質的には悲観主義者でなく、楽観主義者として余生を全うしたいのである。週末のひと時、ベンジャミン・フランシス・ウェブスターの奏でるスターダストを聴き、オンザロックをあおる時、そんな思いが込み上げて来るのである。

ミック挨拶
人は年を経るにつれ角が取れるといいますが、これは今の自分に当てはまる言葉なのかも知れません。懐刀をずっと所持していた私ですが、間もなく私も武装解除を果たす時が来ることでしょう。然らば、尊敬して止まない伊達政宗公の晩年の詩
『四十年前少壮の時功名 聊 復 自 私に期す 老来識らず干戈の事 只把る春風桃李の卮』(若い頃は天下に志を持ち戦いに明け暮れたが、やがて世は天下泰平になり我が身もすっかり老いてしまった。全ては過去のことである。かつての老雄は桃李のもとで酒を嗜み、穏やかに春風を愛でている。)
を深く味わい、新たな春を愛でたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

コメント

No title

若い頃のエネルギッシュさを思い起こさせるロックも良いのですが、こういう老境をしみじみと楽しめるジャズのスタンダードナンバーも味わい深いですね…。。。いいリンク曲を楽しませていただきました…。。。

「心の武装」解除…。。。いい言葉ですね…。。。よく引用される政宗公の言葉もすばらしいです…。。。

禅の教えの「将来訪れるかも知れない災いを心配することなく、今現在を精一杯生きることが肝心」という心構え、今の私の心境そのものですよ…。。。抗がん生活においては、くよくよ心配するよりも、今現在楽しめることを楽しむことが自己免疫力を向上させ結果的にがんにも打ち勝つことができるのです…。。。
人生の多くの事は、まさに「杞憂」(古代中国の「杞」の国民は、天が落ちてきたり、地が崩れるのではないかと本気で心配しており、夜も眠れなかったとの故事)なのですからね…。。。

本日も示唆に富む貴兄の心境を聞かせていただき、また、酒の肴になるよい曲を提供していただき、ありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

心の武装の時期があったからこそ、
今の平穏をより愉しむことができるのですね。
わたしも多少なりとも同じような経験をしているので、
よく分かります。
少し前と同じことをしているだけですが、
仕事の時間が減ったことで、ゆったりと過ごすことができています。
いつも音楽とお酒も、ご自分の気持ちに合わせて、
愉しんでいらっしゃるなと思っています。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様こんばんはhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s87.gif">
連休前今夜は~大好きな音楽と美味しいお酒で
いやされる時間ですね

私も一日のスケジュール終わって
今はミック様のブログを読んでいる時間が
一番癒される時ですね

3連休もゆっくりと楽しまれますようにhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s87.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s308.gif">

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
JAZZを聞きながらの晩酌・・・いいですね。

私も今現在を精一杯生きる・・・そして楽しく生きようと思っています。
悲観してもそこからは何も生まれないような気がします。

URL | やまめ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
気持ちが解れ、心地よいジャズを聴きながらの晩酌は
身も心もリラックスできそうですね。
今の生活が身も心も充実され、職場での関係の良さも
感じられているのだと感じます。
今現在の生き方が良い方向へ気持ちを持って行かれている事が何よりだと感じます。
気持ちがほぐれるような曲ですね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
深い考察を頂き感謝しております。昨今は無用の長物となりつつある懐刀を持て余しております。いつ捨てようか?それだけを考えています(笑)

我ながら記事の傾向が変わってきたなと認識しております。今回も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> suisyouさん
昨夜は遅くなってからパソコンに向いました。そして心に浮かんだことをキーボードに託しました。戦いは終わり、懐刀は過去のものとなりつつございます。然らば、一足早く春の気配を感じ、これを愛で、美酒に酔いたい所存です。

今回もご慈悲を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
二宮金次郎を尊敬する私ですが、彼の言う「表裏一体」を理解することで煩悩から幾分離れられる気が致します。これを貴兄の分野(サイエンス)に例えれば「作用、反作用の法則」となりますが、鏡に映った自分の顔が怒った顔のうちは、やはり人は寄り付かなくなる。
これに気付いて笑顔になれば、自ずと人は集まってくる。ごく簡単なことですが、これが現役時代にはなかなか出来なかった。

すっかりと肩の力が取れた今は、政宗公の晩年の心境(全ては過去のことである。かつての老雄は桃李のもとで酒を嗜み、穏やかに春風を愛でている。)に近いのかも知れません。

杞憂の由来に際し、本日も普遍性に溢れた薀蓄を聞かせて頂きました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
いつもご自身のブログに足を運んだ際に、仕事の時間が減った分プライベートが充実したものになっておられるという意識を強くしております。

その礎の多くは普段からの豊富な読書量が影響しているものと察しております。私も是非布遊さんを見習いたい所存です。

今回も、お励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
分不相応なお言葉を頂戴し恐縮しています。昨日はやや遅く帰宅し、ブログに目を通さず、寝ようかとも思いましたが、ともたんさんを初めとしたブロ友様のことを考え、キーボードを叩きました。PCに向って良かったと考えています。

本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> やまめさん
戦いに明け暮れた現役時代に悟ったのが「自分が変わらないうちは何も変わらない」ということです。正のベクトルが出ない人間に人は寄り付かない。これを真の意味で悟った際、目指すべき道が見えて参りました。今日から始まる三連休はこれを確と噛み締め有意義な休日を送りたい所存です。

貴兄におかれましては、いつもお励ましを頂戴し感謝申し上げます。本日も慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
リンク曲への感想を頂き感謝申し上げます。ロックとクラシックが続いていましたので、そろそろジャズをと思いリンクに至りました。
昨今無意識のうちに肩の力が抜けてきたわけですが、一因として所属会社の方針である倫理教育が影響しているのかも知れません。

江戸時代の儒者である三浦梅園は「知識というものは、それが学習者の心に同化し、かつその人 の性質に表れるときにのみ真の知識となる 」と述べていますが、学識のみを追求し、徳のない学習者は世に多く存在します。

自分はそうならないよう、常に謙虚を心がけ精進して参りたい所存です。本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お早うございます、

朝から小雨が降り出しました、
北陸地方の雪解けが心配ですね、
さて、人間年をとれば角が取れ丸くなると言われますね、
幾つからかは個人差が有るのかも知れません、
各いう自分も丸くなってる気がします、
酒の席では人の話に頷き笑顔を絶やさないのも年の所為でしょうか?
ジャズを聴きながらのウイスキーのオンザロックは氷のグラスに触れる音と共に心地よい酔いに至福の時間が流れます。

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
昨日は寝ようか、飲もうか、ブログを書こうか?で迷い結局飲む、書くのほうを選択しました。雲MARUさんはいい酒を飲まれていますね。他人の放しに耳を貸す器量はさすがです。私もそういう境遇を目指したい所存です。

本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは

私は若いときのほうが
ひととの調和を気にして過ごしていた気がします。
いまは結構自分の主張がはっきり述べられる気がしていますね。
これは角が取れるというのとは違う方向に進んでいる気がしないでもありません。
解放され自由になっているのかも知れませんね。

ミックさんはまだお勤め人ですので
もう少しの間何らかのシバリがあるのかもしれませんね。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今晩は

そうなんですよねでも 取り越し苦労はしてしまいます

人の心は読めないですもの
ナイス☆

URL | 62まき ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫さん
本日は本音で話します。宮仕えには縛りがつきものにございます。勤めているうちは確かに自我を抑えねばならない。これが創作家には最も辛いところでございます。

話はやや飛躍しますが、志賀直哉はこうした「縛り」(字数制限など)がどうしても受け入れられず、漱石を経由した朝日新聞の連載の仕事を蹴っています。
恐らく彼は朝日新聞の仕事がなくても自活出来るという自信、或いは今後の新たな作品への意欲があっての返事だったと捉えています。

今の自分は食うために、家族を養う為に自我を抑えて宮仕えしなければならず、ここに歯痒いものを感じておりました。それにしても姫は良く私を見抜かれておいでです。この縛りから解放されるにはもうしばらく掛かりそうですが、それまで心身の健康は維持したいと考えています。

今回も厚誼を頂戴しました。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 62まきさん
先を案ずる気持ちはもちろん重要ですが、何事も節度が肝要と受け止めております。

本日は貴重な意見を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは(^-^)

連休は心地好く過ごされていますか。
ミックさんは なにかにすがりたいと思った時は、歴史よ哲学に身を委ねておられたのですね。
私も自己啓発の本や、尊敬する福島さんの本を繰り返し読んでいました。

「将来訪れるかも知れない災いを心配することなく、今現在を精一杯生きることが肝心」
とてもいい言葉ですよね。深読みしがちな私も 昔よく言われました(^^;

ミックさんも そろそろ武装解除を果たす時が来るのですね、家族の為に頑張ってきて、現在セカンドライフになり ゆっくり過ごせる環境になってきている証ですね。

URL | あ~ちゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> あ~ちゃんさん
私は現代の渡世人を自覚してずっと生きて参りました。長脇差抜きでの渡世は考えられなかった時代が続きました。詳細については2014年9月3日更新「上州長脇差の心で現代を生きる」
https://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32963841.html
をご覧ください。(自分のブログなので、インターネット上の安全を保障します)

今の私にはその長脇差が過去の遺物に成りつつあります。但し、自我を抑制されれば、捨てたくても捨てられない。これがセカンドライフにおける私の偽らざる心境にございます。

本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)