fc2ブログ
私はたまに日曜大工を行うが、その時の為に建築用墨出しペン(2.0mmのシャープペンシル:たくみ・ノック式鉛筆)を持っている。”たくみ”というメーカーは聞き慣れないかもしれないが、事務用品と言うよりも大工道具という分類になる。本日はこの製品の欠陥(強度不足による破損)とその対策、そして応用法をお伝えしたい。

このシャープペンは普通のシャープペンと比べて格段に太い。そのため心を出したり引っ込めたりする際に、プラスチック製のネジきり部分に非常に大きな力がかかる。自分の所有しているものは二三年で破断した。疲労が徐々に蓄積されて突然破談に至ったものと思われる。

1太いほうのたくみ

こちらは同じメーカーの1.3mmのものである。この商品は使ったことがないので、強度不足かどうかはわからない。

2マーキングシャープ1・3ミリ

対策(強度不足に対する補強)はいとも簡単である。ブラックのシリコンコーキングを周囲に厚めにまぶし、乾いてからカッターで形を整えるだけである。ちょっと見栄えがよくないが、どうしても気になるならば、再度コーキングを上塗りしてから丁寧に仕上げればよい。私はこのシャープペンを健康診断の問診票(マークシート式)を書く際に使っているが、なかなか快適である。
😃👌

3健康診断問診票

試しに0.9mmの事務用のシャープペンも使ってみたが、2.0mmのものと比べて、マークシートの印を塗りつぶすには手間がかかるようだ。

4二本

横町コメント
私はこの2.0mmのシャープペンをDIYでの作業全般に使っています。コーキングで補修したシャープペンはヘビーデューティーなペンに生まれ変わりました。ラフな使い方にも耐えうるし、芯が太いので濃い(2B)割には擦り減り難く、使っているうちに愛着が湧いてきます。まさに頼もしい相棒と言えます。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼


5六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)