fc2ブログ
一昨日の16日まで仙台市青葉区の電力ビルの1階で「墨色銀河」生徒作品展が開催された。本日はその中から、これはと思う作品を紹介したい。詳しくはわからないが、墨画というのは水墨画と水彩画の中間のような位置づけを感じた。会場は東北電力グリーンプラザ プラザギャラリー SOUTHである。

1ホールより

今回で第9回を向かえるようだが、後援としてはNHK文化センター仙台教室、山交ビルカルチャー、大人の情報誌「りらく」、仙台リビング新聞社、協力として塩竃市の杉村惇美術館と宮城県精神保健福祉センターがついている。大変底辺が広い美術サークルのようだ。

2墨色銀河生徒作品展

これは鬼嶋さち子画「初冬の文翔館」である。文翔館は隣県の山形県山形市の文化施設である。木々の陰影が印象的で、限りなく水墨画に近いという印象を受けた。

3鬼嶋さち子冬の文翔館

勝浦映子画「寿留女」である。大胆な筆遣いで味のある作品に仕上がっている。

4勝浦映子寿留女

玉井康之画「Assemble」である。秋の味覚であるキノコの持つ味を遊び心満点に描いた作品である。

5玉井康之Assenble

塗たか子画「蛸」である。非常にダイナミックな作品だが作者が女性と聞いて驚いた。フレームから飛び出すような勢いを見せる蛸は大迫力で、最も大きなインパクトを受けた作品である。生命力に溢れた蛸に何を託したのか?興味深いものを感じた。

6塗たか子蛸

横町コメント
この日は寒い中にも関わらず、多くのかたがこの作品展を目当てに電力ビルを訪れていました。それはさておき、ブロ友の皆さんはどんな作品が気に入りましたでしょうか?お聞かせ頂ければ幸いです。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

7六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)