fc2ブログ


【コラム】
歌劇カルメンの「闘牛士の歌」である。リュドヴィク・テジェのバリトンが闘牛士の歌を高らかに歌い上げる。実は自分は今から数年前、定年を迎えようとしていたころ、人間関係で悩み闘牛士のような心情になったことがある。やるか、やられるかという心境である。もしやられれば社会の藻屑となって消えてもおかしくないシチュエーションであった。

ハラスメントの根底を考えれば、人権が踏みにじられるということである。当初は単なる”からかい半分”なのかも知れないが、これを放置すればいずれエスカレートする。即ち、いじる側といじられる側になる。こうなると始末が悪い。私はこれを水際で阻止する為に、かなりのエネルギーを注いだ。その為、多くの取り巻きからは煙たがられたのかも知れない。

だが、そこで私は思った。煙たがられるのといじられる側は果たしてどっちがましなのか?ということである。ここで私が選んだのは”例え煙たがられても名誉を守る”というスタンスであった。悩んだ私は2013年の2月24日に名取市文化会館で行われた「オペラカルメン」を観に行った。https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-1478.htmlその時最も印象に残った曲が「闘牛士の歌」であった。今の自分に不足しているもの(名誉)を自覚し、万が一それを侵害された場合は勇気をもって立ち向かう。そんな男気を誓いながら、この歌を聞いたのである。

別な言葉に置き換えれば懐刀を持つということである。懐刀を持つということは、先ずが自分が背筋を正さねばならない。そういういきさつもあって、自分は50を過ぎてから儒教を学んだ。儒教を特殊な思想や宗教と捉えるかたがおられるが、それは違う。平たく言えば儒教は人間同士が心を通わす為に必要な潤滑油である。儒教には礼儀・仁愛・誠実・謙譲が含まれるが、これを特殊な思想と捉えるかたは、まず居ないはずである。

自分は儒教思想を公私に取り入れることで、サラリーマンとしての生き残りを果たした。それから数年が過ぎ、セカンドライフに入った今は懐刀も要らなくなったが、こうしてオペラカルメンの闘牛士の歌を聞く時、あの時の決意が蘇る思いに駆られるのである。自分の名誉をどうこう述べる前に、先ずは他人の名誉を重んじねばならない。自分がブログにおいて礼節や仁を重んじるのはこの為である。

但しこの弊害に関して、けして私は無知ではない。禅の言葉に「水清ければ魚棲まず」というものがあるが、厳格になればなるほど誰も寄り付かなくなるということである。自分が人を選べば当然人からも選ばれることになる。ということは程度が肝心ということである。禅の別な言葉に「官には針を容れず、私には車馬を通ず」というものがあるが、本音と建て前を使い分け、TPOを弁えた上でフレキシブルに対応したい。そうでもしなければ単なる堅物となりかねない所以である。闘牛士に成り切った往時の私から見た猛牛が一体何であったのか?その暗喩は想像に難くないことだろう。

1闘牛士

さて、本題に入りたい。今日の仙台は寒かった。日中の最高気温は3度で日差しも少なく、底冷えのする日であった。午後から私は期待を込めてある場所に向かった。下見をしているので準備は万全である。😃👌(ちなみに、準備万端とは間違った言葉の使い方とのことである。本来は準備は万全と言わねばならないようだ)

2錦町ビル街

仙台駅まで1キロ以内の場所にCOOPが出来たのは有難い。目指すカフェ「佐世保バーガー」は建物の2階に入っている。駐輪場のスペースが広いのも大きなメリットである。ちなみにここで一定金額以上の買い物をすれば駐車場代は無料となる。街中にも関わらず、このメリットは極めて大きい。

3駐輪場

佐世保バーガーに行くにはCOOPの1階を通る必要がある。買い物ついでにカフェに寄りたいというかたもおられることだろう。或いはその逆のパターンもあることだろう。ともに相乗効果を期待してのものと捉えている。階段を上がった先が佐世保バーガーである。

4店内の階段

カウンターはご覧の通りである。利用者にとってハイビジョンのテレビが愉しめる点も大変有難い。👍

5カウンター

私が座った席である。特筆すべきはイスの材質(応接イス並み)である。長時間過ごしても疲れない。これは願ってもないことである。

6座った席

窓際で見晴らしが利くが、街の喧騒は視覚のみであり、聴覚的には結構静かな空間である。

7窓からの眺め

時折、このように冬の日が差す。そろそろ立春も近いが、確実に太陽高度が上ってきたのを感じたシーンであった。

8時折日が差す

横町コメント
このセクション(仙台駅の真北)に今まで出入りのカフェがなかった私ですが、本日佐世保バーガー仙台錦町店を訪問し、レパートリーが広がった気がします。今後は読書や執筆に際し利便性を発揮しそうです。最後に同店の食べログのリンクを貼っておきます。興味のあるかたはご覧頂ければ幸いに存じます。https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4019705/

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

9六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)