fc2ブログ
自分が老眼を意識し始めたのは40代後半になってからである。それまでは視力は1・5で眼鏡とは縁のない生活だった。老いを実感しなかった時分、百均老眼鏡の世話になるなんて夢にも思わなかったのである。私が百均老眼鏡を愛用するに至った背景には、老舗眼鏡店の老眼鏡の不甲斐なさにある。40代後半の転勤を機に、二万円超の予算で老舗眼鏡店でオーダーメイドの老眼鏡を作ってもらったところ、店員さんから「丁番のネジが時折緩むので定期的に増し締めしてください」と言われたのである。

これには大変驚いた。最初から眼鏡の丁番のネジは緩むものだと決めつけているかのような物言いであった。厄介なのは増し締めを忘れ柄が取れた際に、小さなネジを紛失してしまうことである。これで私はすっかり嫌気が差してしまったのである。以後、二度とその眼鏡店には足を運ばなくなった。購入した店からは葉書が何度か来たが文字を読む気さえ起きなかった。

そのような経緯もあり、加齢とともに身の回りには百均の老眼鏡が増えてきた。プラスチック製フレームの老眼鏡も複数購入したが、ブラインド(死角)が大きく、耐久性がないなどの理由で金属フレームには及ばないものを感じた。数にすればトータルで数十もの百均の老眼鏡を購入し、試行錯誤の上で、最後に落ち着いたのがセリア金属製フレームの老眼鏡である。(仔細は敢えて述べないが、他の百均の金属製フレームの老眼鏡には致命的な欠点があり、セリアの製品には明らかに及ばない)

ちなみに、金属フレームの老眼鏡は視界の広さにおいて縁なし眼鏡(今の百均老眼鏡にはないラインナップ)には劣るものの、頑丈さ、壊れにくさでは逆にアドバンテージがある。

1三つの眼鏡

セカンドライフに入ってから運転時の眼鏡の度数を1.0から1.5に替えた。これが功を奏し、非常に運転しやすくなった。この老眼鏡は普通に街を歩く際も愛用している。角型フレームと比べるとレンズが大きくて、丸みを帯びている分、死角が気にならないという利点がある。

2運転用

これは買い物用である。運転用と比べるとやや視界が狭いが、レンズと目の離隔が取れる分、安定した視覚を得られ、目が疲れないという利点がある。何よりも自分としては顔に合っている印象である。

3買い物用

これは読書や執筆時のものである。銅色ははっきり言って好みではないが、度数を差別化する意味で特化(利便性)を感じる。パソコン操作時はノートパソコンにのみ使用している。(デスクトップ式パソコン操作時の老眼鏡の度数は2.5)

4読書用

横町コメント
今回紹介した老眼鏡は三種類でしたが、実際は買い物用と読書用のギャップを埋める度数の老眼鏡も持ち歩いています。種類が多くて大変ですが、腰ベルトに専用のホルダーを取り付けて、いつでも取り出せるようにしています。

自分の場合は近視や乱視とは全く縁がなく、且つ左右の視力が一緒のため、百均の老眼鏡を使えるものと捉えています。欲を言えば1.5と2.0の度数の間に1.75という度数(以前の百均の老眼鏡のラインナップにはあった)がないことです。但し、価格的なこともありこれは贅沢な悩みなのかも知れません。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼ 

5六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

視力だけは年齢以上に優良な状態を
保てているので、コメントし難いので、
失礼ながら控えさせてて頂きます。

URL | ichan ID:-

細かく多くの老眼鏡を揃えておられるのは、貴兄の几帳面な性格からですね…。私は一本の眼鏡と裸眼の二本立てですべてをこなしております…。笑。

URL | boubou ID:-

老眼には私も困っています。
遠近両用のレンズの入ったメガネを使っていますが、使い勝手は思っていたほいどにはよくありません。
100円ショップで老眼鏡を手配される横町さんの手腕には、いつもながら敬服いたします。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。老舗眼鏡店のスタンスなど、結構辛口なことも書きましたが、ブログ理念である「岡目八目」を通させて頂きました。

ここから得たのは価格と品質(特に機能)は必ずしも比例しないということです。拙記事が今でなくても数年後にどなたかの役に立てばそれでいい。昨日はそんな気持ちで記事を書きました。但し、このような品質の高い百均メガネがどれだけ存続するのか?疑問です。百均サイドとしては回転の速いプラスチック製の老眼鏡を売りたがることでしょう。従ってこの金属フレームの老眼鏡は近いうちに売り場から消えるのでは?とも考えております。

おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

眼鏡が一つで済むとは羨ましい限りです。必然的に腰の周りがホルダーだらけになってしまうわけですが、これには”尾張の大うつけ”と言われた彼の御仁を重ねます。(笑)スケールは比べるべくもありませんが、型破りな生き方と合理的な思考に基づき既成概念で物事を決めないスタンスは重なるものがあるのかも知れません。

お陰様で、本日も有意義な話題を提起して頂きました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

声なき声さん、ありがとうございます。

自分のようなやり方はいろいろな問題も含んでいます。即ち、シチュエーションが変わる度にいちいち眼鏡を替えなければならないわけで、想像以上の手間が掛かります。「歳を重ねるとはそんなものだ」と自分に言い聞かせるしかありません。

ポイントとしては、その面倒さを克服した暁に希望が垣間見える。このあたりはベストセラーとなった「脳が目覚めるたった1つの習慣」https://www.youtube.com/watch?v=ASWEM8WVBsAと重なるもの(有酸素運動と好奇心を絶やさない、常に幸福感を抱く)を感じます。

老眼鏡へのこだわりは単なる枝葉に過ぎませんが、たかが枝葉、されど枝葉でもたらされるものは大変大きいと認識しております。ご配慮により、今回も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)