fc2ブログ
   The Way It Is / Bruce Hornsby and the Range 1986   


【コラム】
ブルース・ホーンズビー・アンド・ザ・レインジの「ザ・ウェイ・イット・イズ」である。曲だが疾走感に溢れている。80年代ののアメリカの政治を風刺した曲だが、1986のアメリカ音楽チャートでトップに立っている。現在、ロシアがウクライナに攻め入っているが、プーチンの独裁が更にエスカレートする可能性もあり、予断を許さない。様々なところに戦争の影響が予想されるのは必定と認識している。

この戦争を音楽で風刺して止めさせるというような悠長なシチュエーションでないのはわかるが、平和の有難みは失ってみないとわからない。この戦争が我が国に対してどんな影響を及ぼすのか?多くの国民の目が注がれている。だからと言って第三次〇〇〇〇などと、不安を煽りたてるのは如何なものか?有事への準備はもちろん必要だが、コロナで疲れ切った今、次々に迫りくる試練に際し、現実から目を逸らしたくなる。これが自分の正直な気持ちの有りようである。

陶淵明や李白など、昔の中国の詩人がそうしたように、例え一時の安堵であっても、酒でも飲んでこの世の憂さを晴らしたい。現実逃避と言われるかも知れないが、今宵はそんな心持で、ウイスキーのオンザロックに合わせて、ブルース・ホーンズビー・アンド・ザ・レインジの疾走感溢れるメロディーを聞いている。

1ブルース・ホーンズビー・アンド・ザ・レインジ

本題に入りたい。本日は5箇月ぶりに歯医者に行った。春の兆しが見えてきた昨今、フィジカルへのメンテナンスをしっかりと行い、来るべく最良の季節を謳歌したいものである。

2歯科医

院長の年恰好は40代半ばほどである。患者に対して「こんにちは」などと必ず挨拶するが、これは自分が譲れない主治医の条件である。「挨拶の出来ない御仁はまともな仕事が出来ない」と述べた知人が居るが、自分としては同感の極みである。もちろん挨拶だけではない。笑顔で、はきはきと患者に語り掛けるスタンスにも好感度を抱くのである。

3歯科医との会話

治療のほとんどは歯垢の除去であったが、歯科衛生士の対応も院長に倣い、文句のつけようがなかった。45分という結構長い時間を要した歯垢の除去作業だが、逐次自分に対して「大丈夫ですか?」などと声を掛けてくれたのが好印象に繋がった。やはりこの歯科医を選んだのは正解だったようだ。😃👌

4親知らず小康状態

横町コメント
地道にサラリーマン生活を送って参りましたが、元を取るには今後の健康寿命を如何に先に延ばすかがカギと考えています。その中核となるのが歯と脚の健康です。今のところ、どちらもクリアしていますが、油断することなく日々を過ごして参りたい所存です。もちろん今日はウォーキングもしました。ノルマを果たした後だけに酒も美味いです😃👌

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

5六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

只今む、家族の歯科治療のために時間を割かれています。
正直、妥当なラインは何なのかは不明なままです。

URL | ichan ID:-

リンク曲のピアノ演奏、洋楽ポップスには疎いので、知らない曲でしたが、動画冒頭に写った画面で、ピアノがスタインウェイであることが分かりました…。このピアノは、いろんな演奏会場や音楽コンテストでスタンダードとされているものですが、柔らかい音の印象を持っていたのが、この演奏の音は硬質に感じました…。

生で聞く音と、録音された音をさまざまな媒体を通して、いろんな条件で聞く場合とでは、違うのは当然なのですが、特に再生音は、録音エンジニアの考え方により、録音条件が調整されますので、こういう音になったのだと思います…。

おっしゃる通り、葉の健康は、足腰の健康と同様、セカンドライフにおける健康寿命に大きな影響を及ぼすものなので、大切にしたいですね…。。。


URL | boubou ID:-

健康寿命を伸ばすためには、歯と脚のケアが重要であるとの認識は私も全く同じです。
とりわけ、歯の定期検診は欠かすことなく受けております。
また日常的に、時間をかけてブラッシングや歯垢とりに取り組んでいます。
自分のためでもあり、家族のためでもあると考えております。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。歯は脚とともにセカンドライフの健康の鍵と捉えています。今のところ何とかキープできているようなので、ケアのほうを継続したい所存です。
ご配慮により、本日もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

自分はインターバルを置いて、同じ曲をブログにリンクすることがよくございます。この曲は実は一度貴兄に聞いて頂いた曲で昨年の12月にも掲載しております。https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-3268.html
大ヒットした理由はメロディーもさることながら往時のアメリカの世相を風刺した点、即ち公民権運動と根強い人種差別の一面を描き出した80年代初頭から中盤にかけて経済不況に直面したアメリカ国民の不満をぶつけた曲です。

自分としてはそのような強い主張と裏腹にスピーディなメロディのほうに思いが行っております。様々な楽しみ方がある。これも音楽の魅力と受け止めております。人様の多様性を認める風潮は近年高まりつつありますが、先ずは礼節の履行と相槌を打つことで距離は一層詰まるものと解釈しています。

医師の礼節について口やかましく言うかた(特に患者)はネットを検索したところではあまり居ないようですが、堅物の自分の視点はそのあたりに注がれてしまいます。それは礼節が心の窓(自分と貴殿の立場は人間として同等を表明する手段)だからです。自尊心が邪魔をするドクターは殊の外多いですが、自分のかかりつけの歯科医は礼儀正しいです。

ご配慮により、本日も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

声なき声さん、ありがとうございます。

年を取るにつれ、自分よりも家族という比重が大きくなってきましたが、これも健康あっての物種であり、自らの健康を損なえばこの限りでなくなると認識しております。(多くの先人の生き様を見れば顕著です)この普遍を越えられるのが所謂悟りを開いた者(聖人)に近いと言えますが、自分には全く自信がありません;

ブラッシングについては、電動歯ブラシも勧められましたが、一考の余地は十分にあると解釈しています。自分はよく機械類にグリースや潤滑油を塗布しますが、これを履行した場合とそうでない場合は、マシンの耐久性に雲泥の差が生じます。まさに人間におけるフィジカルメンテナンスに重なるシチュエーションを痛感しております。

お陰様で、本日も有意義な御意見を賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

歯の管理は大切ですね。健康寿命は歯と足腰から崩れるその通りだと思います。私も3か月に一度近くの歯科に予約して歯石除去して貰っています。

後は運動ですね。寒さも緩んで春の陽気外歩きで心身の健康を保ちたいです。

丁寧な歯医者さんの様ですね。
良かったです。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

このような歯医者さんはあまりいないのでないでしょうか?スタッフへの教育が行き届いているのを感じます。メンタルは言うまでもありませんが、フィジカルでは歯と脚の健康と節制がものを言うのは先人の生き様を見て明らかなことです。

以前は自宅から遠い歯科医にわざわざ通っていましたが、ロスも大きいので替えてよかったと考えております。お陰様で、本日もお志を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)