fc2ブログ
三日前の3月11日、散策の帰りに泉区の中華料理店桜園に立ち寄った。食べログでの点数は3・27とまあまあの評価がつけられている。久しぶりの来店だが味には定評のある店である。

1店外観

11時45分頃に入店した際は先客が4~5名ほどいた。私が入店した後、一気に客が入ってきたのを見ると、食べログの評価点数の高さが伊達でないのが窺い知れる。7分ほどでオーダーしたもやしラーメンが運ばれてきた。見た目にも増して、あんかけのとろみがたっぷりと麺に絡み、結構ずっしりと来る。価格は税込みで¥750である。

2もやしそば

もやしとキクラゲはパリパリと非常に新鮮で歯応えがある。薄切りの筍がいっぱい入っているのには驚いた✋😮🤚麺は宮城県ではごく一般的なストレート系である。あんかけは熱いので下手をすると舌を火傷しそうである😖💧

3麺は普通

Google3D立体画像で桜園の位置を確認して頂きたい。

4桜園場所

横町コメント
筍はけして安い食材でないはずです。それを惜しげもなく使っているところに店の良心を重ねました。もちろんリピートありの実力です。日替わりランチ(¥820)も大変好評のようで、多くの客が頼んでいたようです。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 ▼▼▼

5六百横町
関連記事

コメント

もやしは、ラーメンによく合う食材で、私も家で作る自家製スープのラーメン(塩、醤油、味噌)にはほとんど入れております…。筍のスライスを入れるという手があるのですね…。また、家で作った時には、入れてみたくなりましたわ…。。。

URL | boubou ID:-

もやしが入ると、料理そのものの味が目に見えておいしくなります。
独得の匂いと、噛み応えの良さのなせるわざだと思います。
横町さんは上質なラーメンをお召し上がりになられたことと存じます。

boubouさん、ありがとうございます。

筍のスライスがこんなにあんかけと合うとは思っていませんでした。隠し味も絶妙でこの値段の価値はあると納得した次第です。ランチも若干高めの価格設定ですが、常連さんが多い店で繁盛しているという印象を受けました。

ご配慮により、本日も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

声なき声さん、ありがとうございます。

最近ラーメン絡みの画像は数店分ストックはしていましたが、機を逸したこと(インターバルを置くと更新する意欲が失せてしまう)で掲載することがないのは結構多い気がします;

それを思いとどまらせたのはこのもやしラーメンが絶品であったからです。店の良心を感じたので、是非再訪したいと考えています。おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。ありがとうございます。

写真からすると、醤油味のもやしラーメンでしょうか。
麺は中細のストレートとのこと。道産子としては縮れ麺がやはりベストと思うのですが、それは子どもの頃からの馴染み具合によるものでしょうか。
具にもやしはよく聞きますが、筍、キクラゲは珍しいと感じました。

旅をするとその地のラーメンを食べたくなります。
ストレート麺、太目はどうもダメですが、写真の中細は見た感じ美味しそうな感じを漂わせています。
機会があれば、試してみたいと思ってしまいました。

スミレさん、ありがとうございます。

ご質問の件ですが、お察しの通り醤油味です。とろみが利いていて熱いので舌の火傷とは紙一重でした。😣💧それでもベネフィットのほうがリスクを大きく上回るラーメンと考えています。手間暇をかけて筍を薄切りしたかどうかまではわかりませんが、具としては、スライスした筍とキクラゲが利いている気が致します。画像に移っている緑の茎は何なのか釈然としませんが、トータル的に絶妙な味を出しているもやしラーメンと捉えています。(店の良心が感じられる)

客層として驚いたのは隣のテーブルに女性の二人連れが訪れていたことです。(ランチをオーダーされたので恐らく常連さんと思われます)普通はラーメン店に女性の二人連れが入るのは珍しいですが、この店では対座式の広めの席が落ち着けることもあり、幅広い層の客を獲得しているように見受けられました。(座敷もあります)

恐らくこの店のメニューの多くは当りという直感が働いた次第です。麺については、やはり縮れ麺(東北では会津が有名です)に軍配が上がりますが、ストレート系の麺の唯一のアドバンテージを挙げるならば、縮れ麺と比べて空隙率が少なくなることによる密度の増加です。これが”あん”のとろみと絶妙に絡む(相性が抜群)のには、唸るものを感じて参りました。(くれぐれも火傷に注意ですが…)

ご配慮により、本日も有意義な話題を提起して頂きました。スミレさん、今日もいい一日をお送りください。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)