fc2ブログ
本日から三連休に入った。午前中は雨が降ったが午後から春本番を思わせるようなまあまあの天気になった。休日にしか出来ないことをと思った私は、或るDIYを思い立った。バイクのグリップエンドの補修である。これは十数年前に転倒した際にできたクラックである。コーキングを塗ってごまかしていたが、応急処置的な補修で、見栄えもいまいちで以前からずっと気になっていたのである。

ちなみに、新品に取り換えれば品代だけで¥3000弱、バイク屋さんに交換を依頼すればトータルで¥6000くらいは覚悟しなければならない😖💧こちらは右側のアクセルグリップである。

1右現状ひび割れ

左側のグリップは右側ほどは痛んでないが、やはり気になるので左右を何とかすることにした。

2左グリップ現状

ホームセンターに行って購入してきたのがイスの脚用のキャップ(価格は一個当たり税込み¥82、二個で¥164)である。サイズは内径φが31ミリとグリップにぴったりとはまるサイズである。色は黒が欲しかったのだが、茶色しかなかった。仕方がないので塗装することにした。

3椅子の脚のキャップ

使用した塗料はスプレー式水性塗料艶消しブラックである。ゴムとの相性は問題ないようだ。

4塗料

塗装は一時だが、乾くまで30分間ほど気を長くして待った。

5塗装

キャップを取り付ける前にすることがある。それは既存のグリップの突起物をカッターで切り落とすことである。

6カット

右側(アクセルグリップ側)をカットし終わった状況である。

7カット完了

接着剤代わりにシリコンコーキングのブラックを使った。けちらずにたっぷりと盛るのがコツである。

8コーキングをまぶす

キャップをねじ込んでから二、三回ほど回転させてコーキングの密着をよくする。これで完了である。😃👌

9完了

横町コメント
バイク屋さんに頼むことなく、DIYでこの作業を行い5千円以上節約できた気がします。仕上がりも違和感を感じないので満足しています。コーキングが乾いていないので、まだ走っていませんが、明日の試運転が楽しみです。🙂

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。クリックして頂ければモチベーションが高揚します。宜しくお願いします。
 ▼▼▼

10六百横町
関連記事

コメント

これは、ものすごいアイデア勝ちのDIYでしたね…。塗装の耐久性が気になりますが…。

URL | boubou ID:-

こんばんは~♬

接着剤代わりにシリコンコーキングを使うアイデアはさすがです。
椅子のキャップの代用もですが・・
狙いを定めてから行かれるのですか?
お店に行ってから、代用できるものを探すのですか?
快適に走れそうですね。

URL | 布遊 ID:-

こんばんは

知識と経験を活用したお得なDIY、流石です。
なるほどと感心させられました。
ぜひ、見習おうと思いむます。

URL | ichan ID:-

バイクのグリップのDIY良くイス用のキャップとグリップのサイズが合いましたね。コーキングによってしっかり装着できたようです。
何でもDIYで補修、知識と技術で面白い程出来ますね。凄い事です。

お気に入りのグリーンの愛車大切に乗られていますね。

グリップエンドの補修は、大事にされているバイクへの愛情表現のごとく思えました。
ますますバイクへの愛着が深まることと存じます。
どうぞいつまでも安全で快適なバイク走行をお楽しみください。

boubouさん、ありがとうございます。

ゴムの表面がざらざらしているので塗装はそう簡単に落ちないと考えています。染めQという優れもの(動く素材にも塗装できるスプレー式塗料)を使うまでもないと判断しました。元々はオフロードバイクゆえ、仕上がり的に多少のラフなところがあっても許容範囲と受け止めております。

適宜、各部をタッチアップで補修をするのはゾーンゆえ、多少の色落ちは想定内と考えています。本日もお志を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。以前からグリップエンドのことは気になっていましたが、実用上不便というわけでないので、先送りにしていました。ご質問についてはホームセンターに行くこと自体が目的で、何かいい品が在ったら…と思い、訪問しました。

いろいろと店内を見ているうちに、これは使えそうと考え、店員さんに持ち出してバイクに合わせてみていいですか?と聞き、店長さん同行でノギスで既存のグリップの直径を測って頂きました。この誠意ある対応にも満足しています。
おはからいにより、今回も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。このような発想は普通なら出て来ないと考えています。立ちごけなどでバイクがダメージを受けた際にも応用できるものと考え、掲載に踏み切りました。経験から言って接着はシリコンコーキングで十分と考えています。

話は変わりますが、シリコンコーキングが最近異常に値上がりしたのが気になっています;ご配慮により、今回もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

バイクをどう考えるかという点ですが、見栄えに走るあまり、過剰なものを施さないという考えがあります。ここまでは履行し、それ以上はやらないという線引きを的確にしなければならないということです。

このエンドキャップは無くても困らないのですが、操縦時の安心感に関わると考えDIYすることにしました。厳密に言えばほんの少し、ハンドルの幅が1センチほど増しましたが、これが安定感に繋がります。万一左右に振られても立て直しが利くというメリットがあります。ハンドル幅が狭いバイク(スクーターやスーパースポーツ)は擦り抜け(ほとんどが違法)への誘惑を誘いますが、これだけハンドル幅があるとそういう意識を持つこともなく、自己抑制にも一役買うものと認識しております。

実はバイクの落とし穴は自己抑制との戦い(人間の弱さとの戦い)でもあります。排気量が大きくなればなるほどそうなります。今回の小変更はこのへんも見据えたDIYとも意識しております。おはからいにより、本日もお引き立てを頂戴しました。コメントを頂戴しありがとうございます。

声なき声さん、ありがとうございます。

以前から気になっていたところを直しました。汎用品を用いれば安くDIYできますが、上手く行った気が致します。バイク用品以外でもかなり使えるものは多いです。例えば、シフトペダルに水道用のホースを巻いたDIYもその類でした。これによって靴への攻撃性(ノーマルのペダルは硬い)が相当低下した次第です。

今回のDIYでアクセル側(右)は回転が伴う場所なので早速試運転したいと考えています。本日もお志を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)