fc2ブログ
ゼレンスキー大統領の日本での演説。日本はアジアで真っ先にロシアへ制裁を掛けたことに感謝。ありがとう。


【コラム】
久しぶりにユーチューバー神河かおる氏のスレッドからの引用である。拙ブログに登場する中では、最も着目度の高いユーチューバーである。(Googleアナリティクス分析によると、最近の記事の中で、彼を紹介した記事へのアクセス数がTOPを継続中)

昨晩オンラインでウクライナのゼレンスキー大統領の演説があった。多くの国会議員が画像を見つめる中で、打ち合わせなしでぶっつけ本番の演説を聞くという極めて異例のものであった。

実はこの演説に関しては、既に高橋洋一氏(元内閣官房参与)のYOU TUBEを見ており、凡そのことは把握していたが、神河かおる氏がゼレンスキー大統領の演説をどう評価しているのかが気になったのである。ヒット数では高橋洋一氏に及ばないものの、誠実で懇切丁寧な彼の説明を聞き、自分も同感するところが多かったゆえ、リンクを決めた次第である。

1スタンディングオベーション

神河かおる氏の述べることをまとめてみた。演説に対しては野党を始めとした否定的な見方も存在したが、彼は世論の多様性を認め、百人百様の評価もありとしている。

私としては、ゼレンスキー大統領は我が国に対して無理な要求をすることもなく、また自国に対する必要以上のアピールをすることなく、述べるべきことを淡々と語ったという印象である。

彼の妻が「日本昔話」の読み聞かせをしているという話が出た時にはさすがに驚いたが、夫婦そろって大の親日家であるのをさりげなくアピールしたもので、全く嫌みのないものであった。このあたりは元俳優だけあって、さすがに話術に長けているなという印象さえ抱いた。

2神河かおるの述べる要点

横町コメント
昨晩はゼレンスキー大統領の口からどんな言葉が発せられるのか大変気になりましたが、始まってみれば真っ当な的を得たことばかりで、誠実さえ感じました。ロシアのプーチン大統領が、この演説を知って激怒したという情報もありますが、我が国としては成すべきことを成したと捉えています。

包囲網にはG7の後ろ盾も不可欠です。イギリスは23日、ウクライナに対して6000発のミサイルの提供や資金援助を含む新たな支援策を発表しました。G7に加入している我が国としても賽は既に振られたという印象を受けました。憲法9条はあるものの、今は同盟諸国と足並みを揃えてロシアに立ち向かうしかないと認識しております。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。クリックして頂ければモチベーションが高揚します。宜しくお願いします。
 ▼▼▼

3七百横町
関連記事

コメント

こんばんは

ゼレンスキー大統領の演説の原稿を執筆
する方がいるようです。
演説する相手国の事情に合わせた内容と
なっており、優れた『脚本』とも感じ
ました。
米国に対して『真珠湾攻撃』を発言された
ことが話題になっていましたが、状況に
応じた内容だと思います。

URL | ichan ID:-

こんばんは~♬

侵攻から1ヶ月経ってしまいました。
ゼレンスキー大統領の精神力の強さに感銘しています。
今、G7首脳会議が開かれています。
この結果にも興味あります。
これ以上の被害のないように、願うのみです。

URL | 布遊 ID:-

ゼレンスキーの演説は、至極真っ当なものでしたね…。ことさら過激でもなく、ロシアに怯えてる風でもなく…。服装が、国によって変えているという指摘もありました…。日本人は、清潔好きだから、半袖で毛むくじゃらの腕を出すのはダメだとか、意識していたようですね…。
アップデートな記事をありがとうございました…。

URL | boubou ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。なるほど、ゼレンスキー大統領の陰にはブレイン(脚本家)が居るのですね。国情ばかりか、文化や習慣までもよく理解したふうにも聞こえたので、なかなかの内容だなと思い、耳を傾けました。

ロシアに対して逃げ腰になれば却って思うつぼとなるので、自分としてはG7やダイヤモンド構想の国々との連携は不可欠と考えています。イギリスの武器援助発表のタイミングとも合っていて足並みが揃っているなという印象を受けました。

おはからいにより、本日も有意義な話題を提起して頂きました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。松田政策研究所に出演されたスウィングバイ(株)代表取締役 海野恵一氏によると、ウクライナ人という民族は勇敢な民族ということを聞いています。同国の国歌には「敵が攻めてきたら命を懸けて戦おう。汝らはコザックの子孫である。」という歌詞があり、第二次大戦ではナチスに攻められながら勇敢に立ち向かったという歴史的背景があるとされます。https://www.youtube.com/watch?v=OYMhy4ZMcw4&t=17s

一昨日の演説を聞き、覚悟が半端でないのを実感した次第です。今は日本を含めた西側諸国が如何に包囲網を築くかが鍵と捉えています。打ち合わせは1分間のスタンディングオベーションのみというところにも驚きました。「日本を頼りにしています」というメッセージを存分に発揮した演説と捉えています。

お陰様で、本日も有意義な御意見を賜りました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

ブログタイトルに「岡目八目」という熟語を使っている以上、この演説は避けて通れないと考え、掲載を決めました。通訳が未熟との声もありましたが、大使館側が用意したということで止むを得ないものを重ねました。

確かに国のTOPともなれば、外見から受ける印象は大事ですが、現在戦争の真っ最中という状況を考えればこの服装はラフとは言えず、不自然な印象は受けませんでした。

原稿を暗記して話したらしいですが、概ね耳に抵抗なく入ってきた気が致します。側近の作った原稿とは言え、日本の文化についてあっさりと触れるところなどは、なかなかだったと捉えています。ご配慮により、今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。コメントを頂きありがとうございます。

大統領の国会演説で原発事故に言及したのであれば、本当なら広島と長崎での原爆投下も取り上げるべきであったでしょう。
それをしなかったのは、西側リーダーの米国を刺激してはならないとの配慮があったからだと推測されます。
大統領には有能なブレーンがいるそうですから、やはりそのブレーンが原稿を作ったように、私には思えてなりません。
神河氏の分析どおり、緻密に構成された内容であったのは万人が認めるところだと思います。
ただ、それをすべて頭に入れ、力強く語りかけられたのは、大統領のスキルにほかならないと、私は評価しています。

声なき声さん、ありがとうございます。

ゼレンスキー氏ですが、少なくとも原稿を見る素振りさえ見せなかったのは大統領の器を感じさせるに十分と受け止めております。YOU TUBEスレッドでは、この他に高橋洋一チャンネルを見ましたが、似たような評価のようです。

原爆投下に触れないのを物足らないと考えるのか?それとも最大公約数模索の一到達点と考えるのは、個々の信条と感性に委ねられますが、グローバル路線を打ち出した演説と受け止めております。

G7との足並みは日本の強みと受け止めております。神河かおる氏、字幕を懇切丁寧に用意して誠意あるサイト運営と評価しています。拙ブログのアクセス分析でユーチューバーとしての彼を紹介した記事がTOPとなり驚いています。政治家志願とのことですが、彼にはYOU TUBE上でのヒット数以上の実力を重ねています。

おはからいにより、本日も有意義な御意見を賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

こんにちは~

外国の元首がオンラインで国会演説したのは初めての様です。私もテレビ中継を見ていました。
ゼレンスキー大統領はウクライナ語で話して在日ウクライナ大使館員が同時通訳していました。日本語の文法が難しいのか演説の日本語訳が弱かったようにも聞こえました。でもゼレンスキー大統領の覚悟は伝わりました。

ウクライナに残る人々はスマホを頼りに知人の安全や消息を確かめているようです。
携帯電話のバッテリーも切れようとしている昨今一刻も早い停戦協議に向かってもらいたいと思います。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

おはようございます。ブログにこういう記事を書くに当たってはそれなりの覚悟が必要ですが、ブログタイトルに「岡目八目」と謳っている以上、書かなければならないと自分に言い聞かせペンを執った次第です。

ゼレンスキー大統領の演説に際し、ウクライナ人はコザックの子孫ということで不屈の精神を持っておられるのが窺えました。不屈の精神をオブラートに包んだ演説と言えるのかも知れません。服装などについて様々な批判もあったようですが、自分としては日本人の根底に響くものが十分にあったと捉えています。

神河かおる氏、実はこのところ拙ブログ内でのアクセス数が群を抜いています。徐々に彼への評価が高くなってきたと解釈しています。本記事に彼のYOU TUBEスレッドを採用した理由がそこにありました。時に松田政策研究所、WILL増刊号、虎ノ門ニュースなどと織り交ぜて視聴しております。

早期の停戦の実現については共感するところです。拙ブログとしては、憲法改正問題とともに避けて通れないテーマと認識しております。ご配慮により、本日も有意義な御意見を賜りました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)