fc2ブログ
   Van Halen - Jump [Best version ever!]  


【コラム】
午後からプロ野球の楽天イーグルスVS千葉ロッテマリーンズのデーゲーム(仙台市宮城野区の楽天生命パーク)をテレビで観た。地元びいきなら楽天イーグルスの応援なのだが、私の目当てはロッテマリーンズの佐々木朗希(岩手県立大船渡高校出身・プロ3年目)である。番組冒頭のBGMに掛けられたBGMがヴァンヘイレンJumpであった。昭和から平成にかけてスポーツ放送のオープニングソングに使われたスポーツ行進曲やコバルトの空は姿を消した。

昭和中期生まれの自分とすれば少し寂しい気持ちもするが、本日テレビから流れたJumpは、とても斬新な印象を受けた。注目の佐々木朗希は勝ち投手にこそなれなかったが、164キロの剛速球を投げ、今季最速を記録した。これだけでテレビを観た甲斐があったというものであり、「令和の怪物」の異名に恥じない圧巻の投球であった。

佐々木朗希が3点を奪われたあたりで試合を見るのを止めた私はバイクに跨り、青葉区の三本松緑地へと向かった。ブログでは過去に何度か紹介したスポットである。本日は久しぶりにライムグリーンブーツ(市販のエンジニアブーツを皮用の塗料で染めたもの)を履いた。頑丈なエンジニアブーツを履くと、短靴とは比べ物にならないほどの安心感が得られる。

アスファルト路面にブーツの底を擦ってもびくともしない強度を有するのである。上着にはレザー風のベストを羽織ってみた。カーボーイハットこそ持参しなかったが、近いうちにウエスタンスタイルのコーディネートでのウォーキングを実現したい。

1ライディング

眼下に広がるのは昭和30年代後半に造成された古い団地である。モータリゼーション発達前の造成ゆえ、道幅が狭く車が行き交うことができない。従って車での訪問はNGである。こういう時に小回りの利くバイクにはアドバンテージを感じるのである。

3南側眺望

古い集合住宅が解体されたので、ご覧のように都心部も望むことも可能である。

4市街地

西の方角に視線を転ずると、三角形の小さな山(中央よりやや右寄り)が見える。これは太白区の太白山(標高321メートル)である。もちろん仙台城のあった辺りも見渡すことができる。

5太白山が微かに見える

木漏れ日の差す階段を数十メートルほど登る。彼岸を過ぎ、穏やかな春光の存在感が一層増してきた。桜の開花には早いが、そう遠くないものを感じるのに十分な本日の陽気である。

6上り坂

頂上には三本松の名前の由来(伊達政宗の命名)を記した看板(仙台市教育委員会)と東宮殿下(後の大正天皇)野立の地の石碑が建てられている。東宮殿下がこの地を訪れたの1911年(明治44年)のことであった。今から111年前のことである。

7頂上

横町コメント
少しばかり歴史関係の記事と遠ざかっていたので、この週末は歴史絡みの記事でも書こうと思っていました。但しそれを上回るインスピレーションが私の脳内に急遽湧き上がり、変更に至った次第です。😆春と言う季節はそんな不思議な力を持っているようです。そう言えばオリビア・ニュートン・ジョンのヒット曲に「そよ風の誘惑」というものがありました。本日の私は春の陽気の誘惑に負けた言えるのかも知れません。(笑)

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。クリックして頂ければモチベーションが高揚します。宜しくお願いします。
 ▼▼▼

8六百横町
関連記事

コメント

こんばんは~♬

出で立ちも決まり、春の風に吹かれるのは、
爽快でしょうね~♬
見晴らしの良い高台からの眺め、素晴らしいですね。

URL | 布遊 ID:-

こんばんは

ライディングスタイルが決まっていますね。
道幅が狭い道路はバイクに歩があります。
春を求めてのショートトリップ、満喫できた
ようですね。

URL | ichan ID:-

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。実は昨日はテレビでのスポーツ中継(ジャパンラグビートップリーグ、プロ野球、大相撲)がひしめき、目移りしてしまいました;一方外を見れば、春陽が差し春うららといった感じです。

こういう時は、内にこもることなくアウトドアを堪能しようと、開き直り心を切り替えて出立した次第です。高台から見下ろすロケーションに癒されて参りました。古い家が取り壊され時代の移り変わりを実感しましたが、心の充電には十分供したと捉えています。お陰様で、本日も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。前回の失敗もあり、今回は背筋を張ってセルフ撮影に臨みました。(笑)土日に歴史物でもと考えていた自分ですが、今回は春の訪れを愛でるほうに転じ、歴史物の執筆は先送りした次第です。それでも充電は十分かなったと捉えています。

ブログは如何に自分流を出すかが肝と捉えています。思い込んだ時が旬ゆえ、自分を信じて好機を逃さない。今後もこれを地で行きたいと考えております。おはからいにより、本日もお引き立てを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

プロ野球も始まり、いよいよ春本番を感じさせる季節となりました。
余談ながら、楽天イーグルスの試合では、毎年、自衛隊がブルーインパルスを飛ばして祝っているそうですが、今年は某新聞社の横槍で中止に追い込んだと聞いています。
こんな場面でイデオロギーを持ち出すのは無粋そのものです。
それはともかく佐々木投手の仕上がりは順調なようで、今シーズンも期待が持てそうです。
 
春の「そよ風」には不思議な魔力があります。
心を落ち着かせてくれる効果が潜んでいるように思います。

声なき声さん、ありがとうございます。

ブルーインパルスの件はロシアとの情勢を考えての中止と受け止めております。防衛大学の卒業式で述べた岸田総理のコメントは気になります。但しこれは飽くまでも大学の祝辞と考えたい気が致します。(微妙なニュアンスがあるのは百も承知)

佐々木朗希の成長は眩しいものを感じました。パリーグを代表する投手になるのも近い気が致します。隣県の岩手県出身ということも親近感に繋がっています。

昨日は春陽の誘惑に負けた自分ですが、現在執筆中の歴史随筆のほうにも確と取り組んで参りたい所存です。ご配慮により、本日もお志を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

春陽の時は、外に出るに限りますね…。三本松緑地から見る太白山の姿は素晴らしいですね…。登山欲がそそられます…。

URL | boubou ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

こういう日は誘惑(外に出たい)に打ち克つのが殊の外難しくなります;然らば自分に正直に行動したいと考えました。30メートルほどの緩やかな坂を上るだけなので登山と言うよりハイキング、トレッキングという表現が近いと捉えています。

ご配慮により、本日もお志を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

こんばんは~☆

春の陽気に誘われてお気に入りの愛車で三本松緑地へGO
プロ野球も始まりましたね。イベントを縮小しているチームもありますし日本ハムの新庄監督はパフォーマンスも健在のようです。札幌ドームで巨大「ホバーバイク」で現れフアンをわかせたようです。

私は大相撲春場所を見ていましたが横綱照ノ富士は途中休場怪我が完治していなかったとのことです。
荒れる春場所と言われるように若手の活躍が盛り上げてくれました。
前に前に~下から下から~インタビューでもこの言葉しか言わなかった「若隆景」
照ノ富士同様頑張って欲しいです。

三角形のお山太白山くっきりと見えますね。

やがて仙台でもサクラが開花するでしょう。杜の都緑の中に咲いて良い風景になりますね。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

おはようございます。ホバーバイクは新庄監督らしいパフォーマンスと言えそうですが、スポンサーがいとも簡単につくという点が凄いところです。他の監督ではなかなかこうならないのでないでしょうか?途中休場した照ノ富士は残念でした。

実はこの日はテレビでスポーツ中継が目白押し(ジャパンラグビートップリーグ、プロ野球、大相撲)があり、その一部は放送時間が重なり、どれを見ようか迷いました;その中でラグビーとロッテの試合(佐々木朗希投手の予告先発)を見なければと思いました。忘れていたのが大相撲の千秋楽で優勝の行方(後程VTRで観ました)でした。

優勝決定戦は体力から言って高安優位と思いましたが、高安に気負いが見られ若隆景に軍配が上がりました。技能派力士という印象ですが、隣県の福島県出身ということで期待しています。新関脇で優勝するとは双葉山以来の偉業とのことですが、来場所は大関を懸けての土俵で真価を問われそうです。

若隆景の身長体重は全盛期の大関清国(昭和40年代)とほぼ同じですが、清国は当時はけして小柄な力士ではなかったのですが、大型化の進んだ今の相撲界での若隆景は小柄です。それでも勝負勘や体幹が素晴らしい力士ゆえ、ハンディキャップを跳ねのける要素は十分(高安との優勝決定戦に際して)と考えております。優勝インタビューでは初々しさが印象に残りました。インタビュー慣れしてないですが、逆に好感を抱いた次第です。

太白山、以前息子と登った山で、その山がこの地から見えることに小さな感動を覚えました。
桜のほう、まだじっくりとは見ていませんが、そろそろ仙台も咲いている個体があるようです。週末には散策したいと考えております。

おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)