fc2ブログ
HANDEL - ARRIVAL OF THE QUEEN OF SHEBA - ORGAN SOLO ARR. JONATHAN SCOTT - KENDAL PARISH CHURCH


【コラム】
久しぶりにジョナサン・スコット演奏のチャーチオルガンの曲のリンクである。春に相応しい曲として私が選んだのは『シバの女王の到着(入城)』である。以下は世界の民謡・童謡から引用した『シバの女王の到着』への解説である。

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルが1748年に作曲したオラトリオ「ソロモン Solomon」HWV 67 第三幕冒頭で演奏されるシンフォニアである。オラトリオ「ソロモン」第三幕では、ソロモンの王国へ公式訪問したシバの女王が音楽やダンスで歓迎されるシーンが描かれる。

旧約聖書「列王記上」や「歴代誌下」の記述によれば、ソロモン王の知恵の噂を聴いたシバの女王は、彼を試そうとエルサレムを訪問し、ソロモン王に数々の質問を浴びせたという。シバの女王からの質問攻めにもすべて受け答えて見せたソロモン王の叡智と立派な宮殿に感嘆したシバの女王は、ソロモンが仕える神を称え、金塊や宝石、香料などを贈ったと伝えられている。

ソロモン王を試そうとしたシバの女王は一体どんな女王だったのか?謎は深まるばかりだが、女王の質問責めに見事に応対したソロモン王の存在感を強く感じる曲でもある。試されるのは誰しも好きでないが、それをクリアすればリスペクトや信頼が得られる。これは古今東西を問わず、歴史を追えば自ずと目に触れることである。

私事で恐縮だが、拙ブログのユーザータグ(自らが設定したキーワード)でダントツを占めるのが”ジョナサン・スコット”である。その中で最もリンクが多いのがヘンデルのLARGO(オンブラマイフ)である。その次に多いのが『シバの女王の到着』と認識している。

ということはゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルの曲が1位と2位を占めていることになる。その理由をいろいろ考えてみたが、それはヘンデルの作曲した曲の多くが、哲学的な響きをもたらすからと捉えている。ヘンデルの曲への傾注はこれから一層増すことだろう。

0スコット

さて、本題に入りたい。本日は春の陽気(仙台の最高気温は12度)に誘われて、街歩きに興じた。気になるのは何と言っても青葉区晩翠通に建設中のプラウドタワー仙台晩翠通である。

1プラウドタワー仙台晩翠通り

既に1Fと2Fのテナントが決定したようだ。医療施設と商業施設は当初の予定通りだが、注目とも言えるこのビルを無事故無災害で完了できた点を高く評価したい。

2テナント

イオン晩翠通店のオープンは十日後の4月13日となっている。今からオープンが待ち遠しい。

3四月十三日オープン

これは北三番丁側(北側)のビューである。晩翠通、北三番丁と二方向からのアクセスが可能となっている。地下鉄南北線北四番丁駅とは目と鼻の先である。すぐ近くにはガスト(北に100メートル)もあり、何をするにも利便性に長けた立地である。

4イオン北側入口

これは東側のアングルである。外構工事も終わり、デザインの秀逸性がクローズアップされた印象を強く感じる。

5東側

二つのプラウドタワーと立体駐車場の位置関係をご覧頂きたい。サウスが20階、プラウドは24階である。自分はYOU TUBEサイトの妄想MAP様のスレッドを引用し、1年以上前から、青葉区晩翠通のプラウドタワー仙台晩翠通を追ってきた。https://www.youtube.com/watch?v=DnC_HlGhj08
その結果がようやく明確なものとして、間もなく形に現わされようとしている。ここに強い感動を覚える次第である。

6建物の位置関係

横町コメント
様々な逆境をものともせず、仙台の都心にこのような構想ビル2棟が建設されたことに際して、胸躍るものを感じます。できれば十日後のオープン日(水曜日)には行きたいと考えています。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。クリックして頂ければモチベーションが高揚します。宜しくお願いします。
 ▼▼▼ 

7六百横町
関連記事

コメント

ソロモン王とシバの女王の伝説興味深いですね…。曲も春にふさわしいもので、楽しく聞かせていただきました…。
仙台にまた、新しいランドマークができるのですね…。都心散歩がお好きな貴兄にとっては、大きな楽しみですね…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

そちらは暖かったようですね。
全館オープン時のプラウドタワー仙台晩翠通、
ウインドショッピングも楽しめそう。
流石、仙台です。

URL | ichan ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

ソロモン王とシバの女王の関係、既存の解説を拝し、もう少し突っ込みが欲しいなと考え自分なりに考えてみました。プラウドタワー仙台晩翠、出来ればカフェがテナントに入って欲しかったのですが、それが少し心残りです。カフェの分布は一番町や中央通りを中心として、半径七、八百メートルが圧倒的に多いようで、経営側としては統計的データがあるものと察しております。

歴史と文学の薫り漂う通り(晩翠通は文字通り、詩人土井晩翠にちなんだストリートです)だけに、新たなランドマークの存在は大きいものがあると考えています。以前から、4車線と銀杏並木が独特の雰囲気を醸し出す通りでしたが、一層洗練された街になった気が致します。
ご配慮により、本日も有意義な話題を提起して頂きました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。数年前の計画段階からユーチューバー・妄想MAP様のスレッドを引用の上、このツインビル(サウスとセントラル)を追いかけて参りました。それが無事に竣工し、感極まるものを抱きます。テナントとしては出来れば飲食店もと考えていましたが、イオンとメディカル施設が入るようです。それはさておき、杜の都仙台に、また一つ新たな顔が形成されたような印象を受けます。

オープンした暁には周辺にも足を運び、散策ついでにイオンで買い物をしたい気が致します。ご配慮により、今回も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

ソロモン王とシバの女王をめぐっては、実に多くの伝説が残されています。
史実がどうであったかを考えると、一種のミステリーとして謎解きを楽しめる部分もあります。
 
イオンのオープンが待たれます。
さらに仙台の街が活気づくに違いありません。

声なき声さん、ありがとうございます。

春に相応しい曲と察して『シバの女王の到着』をリンクしました。自分としては「世界の民謡童謡」様に掲載しているイメージ画像http://www.worldfolksong.com/classical/handel/queen-of-sheba.htmlを基に、いろいろと想像を膨らませてみました。ご考察に感謝申し上げます。

注目の高層ビル・プラウドタワー仙台晩翠通の登場で、文化の薫り高い晩翠通に一層箔がつくものと察しております。本日もお志を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

こんにちは~🌞
今日は関東地方気温はぐんぐん上昇25℃を超えました。ジョナサン・スコットの演奏「シバの女王の到着」、イスラエルの敵国のシバの女王、武器を使わず
ソロモン王を質問攻めに・・ソロモン王との知恵比べ
以前スペクタル活劇と銘打って映画にもなっておりますが
本当のところはわかりません。

プラウドタワー仙台晩翠もうすぐオープン楽しみな事ですね。イトーヨーカドーグループが入るのかもしれませんね。自治体に寄り添ったお店がオープンするのは楽しみですね。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

おはようございます。映画の件は初めて知りました。是非見てみたい気が致します。シバの女王とソロモンの王の駆け引きは真偽のほどはともかく、興味を惹かれる話です。ご教示に感謝申し上げます。

さて、このような逸話に基づき名曲に仕立てるヘンデルとは如何なる人物であったのか?ひょっとしてこの曲とこの逸話の巡りあわせは果たしてヘンデル本人が意図したところなのか?それとも後世の歌劇の創作の中での成せる業なのか?興味の尽きないものを感じます。
言えるのは多くの曲が淘汰された中で、「シバの女王の到着」は強かに生き残り、時空を経て我々現代人にシンパシーをもたらしたということです。一糸乱れぬオーソドックスはJ・スコットの演奏を聞き、そんな奥深さを抱きつつ曲を聞いております。

晩翠通のプラウドタワー、いよいよオープン間近となり心躍るものを感じます。杜の都晩翠通の新たなステータスとしての存在感は極めて大きい気が致します。命名にはそのへんを意識したものと捉えています。

それはさておき、日光街道沿いの八幡神社の見事な桜を記事で拝見させて頂きました。日光街道は家康公を祀った神社なので、将軍が通った由緒ある街道なのですね。その辻に位置する八幡神社には文化と歴史の薫りが漂います。これに桜が加われば言うこと無しと受け止めております。(コメント欄を閉じておいででしたので、こちらで失礼します)

ご配慮により、本日も格別なるお引き立てを頂戴しました。ボタンとリボン様、今週もいい週となりますことを心からお祈りしています。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)