fc2ブログ
つい最近、100均のダイソーメタルフレーム老眼鏡を購入した。如何にも頑丈そうなダブルブリッジ式である。lightなデザインがもてはやされる昨今、こういう武骨なフレームはやや時代遅れなのかも知れない。但し流行を追わない自分にとっては、この堅牢さとレンズの広さ(セリアのものと比べて明らかに視野が広い)が魅力である。

実は老眼鏡は度数が増せば増すほどレンズが狭いほうがいい。それは視界(イコールレンズの面積)が広く、且つ度数が高い眼鏡をかけると余計なものを拾い、それを処理する脳が疲れるからである。読書用としてはカニ目型で十分である。今回紹介した老眼鏡の度数は何れも2・0である。用途としては室内用であり、レンズが広いほうが使い勝手がよい。

そのニーズにうまくはまるのが、紹介したダイソーの新型老眼鏡である。セッティングに関しては自分の顔に合わせるべく、細工を施している。メタルフレームの大きなメリットは柄の部分を折り曲げて、自分の顔にフィットさせることができるということである。柄を曲げるのはけして難しいことではない。ペンチ2本さえあれば誰でもできることである。

1前から見た

画像をご覧頂きたい。ダイソーの老眼鏡はセリアのものと比べて、20~30%程度レンズの面積が大きいのがおわかり頂けるものと察している。室内掛け専用(度数:2・0)ということは買い物などで真価を発揮することを意味するのである。

2真上から見た

これは新旧のダイソーメタルフレーム老眼鏡である。旧型はデザイン性で勝るものの、機能において新型に及ばない。その大きな理由はレンズの面積が小さいからである。

3三つ前から

横町コメント
こと100均製品のメタルフレーム老眼鏡に関しては、明らかにプラスチックフレームと比べてアドバンテージがあります。それは強度と耐久性、死角の少なさです。但し、どちらがお洒落で意匠的にどうなのか?は、飽くまで個々の感性の問題ゆえ、自分としては大して重視していません。

自分が重視するのは何と言っても機能ゆえ、ダイソーの新型メタルフレーム老眼鏡を大いに評価しています。それはさておき、カテゴリーの「恐るべき百均製品」が本記事で通算11記事となりました。様々な生活用品に百均製品を期待されるかたに対して新たな情報を提供できれば、これに勝る幸いはございません。是非活用して頂きたい所存です。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。クリックして頂ければモチベーションが高揚します。宜しくお願いします。
 ▼▼▼

4六百横町
関連記事

コメント

百均の眼鏡もモデルチェンジするのですね…。日常生活用は、視野が広い方がよいので、いい選択でしたね…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

ダイソーの老眼鏡は100円(税抜き)の割に
優れものと感じました。
企業努力の賜物なのでしょうが、素晴らしい。

URL | ichan ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

度数(厳密には各自のシチュエーション)によってレンズの大きさのニーズが異なる。度数が上るほど面積は少なめのほうが好都合です。従って自分の室内用としてはこれくらいのレンズの大きさが理想と言えます。

プラスチックフレームと異なり、長きの使用に耐えられるのがメタルフレームゆえ、迷わず購入した次第です。これによって断捨離もしなければならないと考えています。おはからいにより、本日も有意義な御意見を賜りました。コメントを頂きありがとうございます。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。これまではことメタルフレーム老眼鏡において、ダイソーよりもセリアにアドバンテージありと捉えていました。その思い込みに一石を投じた感のある新型のダイソーメタルフレーム老眼鏡です。

実のところ、かけてみないとわからないので、期待においては半信半疑での購入でした。視界が広い点が気に入っています。ダブルブリッジ式のフレームは武骨にも見えますが、自分の好みです。ご配慮により、今回も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

ダイソーの商品開発力の巧みさは、特筆すべきものがあります。
業界の中での同社の優位性を保っているゆえんでしょう。

声なき声さん、ありがとうございます。

老眼鏡の耐久性を高めると消費者の買い替えが進まなくなる。但し業界NO,1のステータスもある。そんな意図が読み取れなくもない、今回のメタルフレーム老眼鏡です。

これまでの経験上、この手の老眼鏡は息(玉数)が短いと踏み、購入に至りました。満足度は結構高いです。お陰様で、本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)