fc2ブログ
  たそがれ 定年後14年目の旅に出る フェリーで北海道へ 


リンク動画(たそがれ様の最新動画)について
ユーチューバーのたそがれ様(秋田県在住と思われる)が定年後14回目の旅に出る。青森まではキャンピングカー(貨物車を改造したもの)で下道を走り、青森港からフェリーに乗るという行程である。たそがれ様は今年の9月で74歳になるとのことなので、現在73歳である。

たそがれ様は60歳で定年退職をしてから、1年のうち12月~3月までを自宅で過ごし、(本人は雪かきをしていると述べている)残りの4月~11月までの間に旅に出ている。行先は北海道と決まっているようだが、YOU TUBE動画(スレッド)には青森県と秋田県のものもわずかに入っている。

たそがれ様はYOU TUBEを始めた理由として「旅」のマンネリ化防止があるという。趣味である釣りや魚の調理方法のバリエーションを広げることもマンネリ化防止に役立っているとのことである。50歳の時にセカンドライフの設計を行い、定年後は趣味に生きると決めたようだ。興味深いのは大きな目標ができたことで、50歳以降の仕事で”力を抜くことができた”としていることである。

察するに、”力を抜く”とは悟りを開いたという意味に近いのでないだろうか?即ち、人生の最後を趣味に生きると決めたからには、50歳以降の仕事はその助走に過ぎないと自分に言い聞かせたのではないだろうか?

1どうして旅を続けるのか?

キャンピングカーは貨物車を改造したものである。ベッドはご覧のようにDIYでかさ上げされている。ホームセンターで市販されている材料を使用しているようだ。貨物車両なので毎年車検を受け、出発前に装備を組み立てることになるが、作業は手慣れたものである。

2DIYで作ったベット(コンパネの下に布団を収納)

たそがれ様のモットーはスローライフ(時間が実際よりもゆっくりと過ぎゆくように感ずること)にあるようだ。興味深いのはたそがれ様はジャズをこよなく愛され、聞きたい時にCDを聞いておられるという点である。自分も洋楽趣向なだけに、お気持ちがよくわかる気がする。奥様手づくりの弁当を肴に、出航までの時間を愉しむ様は至福の時間であり、まさにスローライフそのものである。たそがれ様は一杯飲んだ後で、3時間程仮眠した後で埠頭の散歩を愉しんだとのことである。

3フェリー待ちの時間

乗船するフェリーはブルーマーメイドである。私は2009年秋、下北半島先端の大間から函館にフェリーで渡ったことがあったが、たそがれ様の動画を拝し、その時の感動が再び蘇るのを感じた。青森から函館への所要時間は3時間40分である。

4たそがれ様の乗るフェリーはブルーマーメイド

これがたそがれ様が乗船された津軽海峡フェリー・ブルーマーメイド号である。

5ブルーマーメイド号

ブルーマーメイド号のラウンジはなかなか豪華である。但し乗船した時間が深夜ということもあり、無人状態ということであった。

6ラウンジ

乗船時間が3時間40分ということで、宿泊という表現が適正かどうかは微妙だが、たそがれ様はこのような大部屋で移動時間を過ごされたようだ。

7大部屋で寝る

横町コメント
意外だったのはたそがれ様に奥様が居たことです。自由自在に行動しておられるようなので、てっきり独り身なのでは?とばかり思っていました。奥様をなぜ旅に連れて行かないのか?連れて行かないのなら、なぜ同意が得られたのか?多くのかたがそう思うに違いありません。

自分から見れば夢のようなセカンドライフですが、そのあたりの諸事情は知りたいと思った次第です。自分もこのような願望はありますが、家族のある身ゆえ、もし実行しようとしても様々な制約を受ける気が致します。自分の場合は近場への日帰り旅行こそが現実的なことと言えるのかも知れません。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。クリックして頂ければモチベーションが高揚します。宜しくお願いします。
 ▼▼▼

8七百横町
関連記事

コメント

こんばんは

たそがれ様のライフスタイル、憧れています。
DIYでキャンピングカー仕様にしている方は
知人にもいますが、流石に長期間の流離いは
無理なようです。
肖りたいものです。

URL | ichan ID:-

紹介されているユーチューバーは、なかなか優雅なセカンドライフを送られているようですね…。
また、奥様もなかなか理解のある方のようです…。
セカンドライフは、人それぞれでどんな形であってもよいと思うのですが、私の場合はボランティアが大きな生き甲斐となっております…。

URL | boubou ID:-

こんばんは~♬

わ~~☆ いいですね。
わたしも憧れです。
家庭の諸事情を考えると、できそうもないですが・・
以前から、遠くのイベントに参加し、帰りは観光しながらって言うのが夢でした。
仕事を辞めたので、全くできない話ではないのですが・・コロナが~
Uチューブ覗いて見たいです。
ご紹介ありがとうございました。

URL | 布遊 ID:-

実に理想的なセカンドライフだと思います。
数々の趣味があるからこそ、一層充実してくるのでしょう。
学ぶべき点があると感じました。

ichanさん、ありがとうございます。

おはようございます。このような生活を13年も繰り返していると聞いて大変驚いています。普通は様々な制約があるはずですが…僭越ながら、このへんの諸事情を視聴者は知りたがっているのではないでしょうか?そうすれば釣りに興味がないかたも、このサイト全体に一層興味を持つ気がします。たそがれ様のスレッドにはそのへんが時折散見されます。或いはこのへんも意識されてのことなのかも知れません。

感じるのは字幕や別人のアテレコまでを用いていることで、非常に手の混んだものを抱きました。自分は誠実な人柄の現れと解釈しています。無理かも知れませんが、一度でいいので、是非お会いしたいユーチューバー様と考えています。フェリーに乗り込む際のわくわく感は視聴者の多くに訴えかけるものがあったのでは?と受け止めております。

アメリカの詩人(実業家)サムエル・ウルマンの名言である「青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ」の真意を強く重ねる今回の北海道出立時における氏の決意です。73歳で心身とも若くしておいでのようで、何か秘訣のようなものでもあるのでは?とも考えています。

ご配慮により、本日も有意義な話題を提起して頂きました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

拙ブログですが、最近はこれまでと全く指向を変え、このような情報発信(魅力あるYOU TUBEサイトの紹介)を行っています。文字通りマンネリ化防止です。Googleアナリティクスの分析によって、こういう類の記事へのPVが増しているのを実感しています。

さて、このようなセカンドライフを夢見ているかたは相当多い(特に熟年男性)と踏んでおります。但し現実には様々な制約があって実現できません。たそがれ様に奥様が居るとは今回初めて知りましたが、冬の間に水面下でいろいろな準備をされておられるのが目に見えて参ります。読者は釣りや調理のみでなく、このあたりの事情をもっと知りたいのでは?と考えています。

例えば8箇月間もの間、留守宅を預かる奥様はどうされているのか?他に同居家族がいらっしゃられるのか?このあたりがうまく行ってこそ、たそがれ様は旅を続けられるのであり、読者としては想像がなかなか及ばない気がします。

未だに会社勤めしている自分には高嶺の花と知りながら、興味津々で最新のスレッドを拝見させて頂いた次第です。おはからいにより、本日も有意義な御意見を賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

おはようございます。記事を熟読して頂き恐れ入ります。たそがれ様ですが、人生設計をきちんとされ、夢のようなセカンドライフを謳歌されているように感じます。旅をマンネリ化させないための具体策としてユーチューバーとしてデビューされた点にポジティブな姿勢を重ねています。デジタルにもお強いようで、そのメリットを活かしているという印象を受けました。

不思議に思ったのは8箇月の間、家を出て問題を生じないのか?読者が本当に知りたいのは、そのあたりのほうが主なのでは?と考えた次第です。それはさておき、今後もこのサイトは注目してゆきたいと考えています。

お陰様で、本日も有意義な御意見を賜りました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。



声なき声さん、ありがとうございます。

「人生の楽園」とも言えるシチュエーションですが、様々な問題をクリアしないと、なかなかこうは行かないと考えています。釣りや調理の記事が多いようですが、読者の心理はむしろ、どうやって様々な問題をクリアしたのか?奥様はどのように考えているのか?このへんにあると捉えています。

おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

こんばんは

たそがれ様の旅の楽しみ方、いいですね。
フェリーでの時間も奥様のお弁当を食べて旅気分が盛り上がりますね。
夜の海でジャズを聴きながら楽しみ、釣りをするなんて素敵な過ごし方で羨ましい。
車で過ごせる工夫も素晴らしいです。
自分なりの楽しみを見つけると人生が楽しくなりますね。

URL | Joey rock ID:-

joeyrockさん、ありがとうございます。

おはようございます。joeyさんにおかれましては、趣向の点においていろいろと重なる点があるのでは?と捉えています。柵さえなければ自分もたそがれ様のようにしたいのですが、現実は無理なので、どこまで近づけるかと自分に言い聞かせております。

「人生の楽園」と言える境地と察していますが、たそがれ様は時間を有効に使う術を体得しているように見受けられます。フェリー待ちの時間をわくわくタイムと称され、自分なりの前夜祭を行っている。自分にはそのように映りました。動画を見て思ったのは2009年秋、下北半島先端の大間から函館にフェリーで渡ったことです。この時の主要時間は1時間ほどで、あっと言う間に函館に着いたという印象です。

自分としてはもう少しプライベートの事情(奥様がどうお考えになっているのか?、旅に出て釣りをしていない時はどう過ごされているのか?等)が知りたいと思いました。今後もたそがれ様の運営されるYOU TUBEサイトを見て行きたい所存です。

お陰様で、本日も有意義な話題を提起して頂きました。おはからいに感謝しております。joeyさん、今週もいい週となりますことを心からお祈りしています。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)